バレーボール大会開催@月明洞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月13日、バレー大会が月明洞で行われました。
各国から参加し、日本も参加しました。

 

全てのスポーツ行事は、神様に栄光を帰するために行われます。

 

栄光を帰すということは
人が愛で、真心で、持っているタラント(特技、賜物)で
聖三位の前に進み出て表現し、告白することです。
それが芸術であれ、伝道、管理など、摂理を走ることであれ、神様を愛する心を表現するものなら、どんなことでもよいとおっしゃいました。

 

今年も月明洞で、また全世界の各地域で様々な栄光の行事が行われます!

 

神様に栄光帰してやるときに愛と平和の理想世界がおこるんです。バレーのときに相手チームに向けて、攻撃するでしょ。攻撃なければいいのにとそれをなくしてしまったら、バレーする人たちがいらなくなるでしょ。
お互いにお互いを尊重しあって授受関係を通して力がでるのです。湧いてくるのです。

相手チームをなくしてしまうと力がでなくて、二人が相互、互いに授受関係をもったときに相互存在ができたときに力が湧いてくるんです。
霊と肉がその授受関係で相互存在できたときに力が湧いてくるのです。
2001-08-20明け方の御言葉

 

今日、皆さんと共に走る天の姿を見たいです。だから、スポーツをするときには、怒ったり血気盛んにならないで、喜びと平和と理想の心を持って走らなければなりません。今日のこの場所は神様が見ていらっしゃるところです。だからといって譲ってばかりいてはいけません。自分の気力を発揮してやるべきですが、怒らないで喜びを持ってこのスポーツ行事を行いなさいと仰いました。選手達はそのようにしなければなりません。

 

そして試合を見ながら応援することも、全てスポーツ行事に属することです。選手達だけがスポーツ行事の主人ではありません。あちこちで声を張り上げ、手を振って応援する人達も、スポーツ行事に直接参加する人です。運動場に入って走ることだけが全てではありません。自分も今試合をしていると思わなければなりません。そう思っているだけではなく、実際皆さんは声を張り上げ、一緒に走っているのではないですか。
1998-10-11 主日礼拝 神様の行事

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. フランス ユーロ サッカー フーリガン 暴動 20162
  2. 月明洞構想美術館

コメント

    • RIO
    • 2017年 5月 21日

    テスト

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP