正しい行いをするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あることは間違った理論なのに、自分がそれを正しいと認めて、正しい理論と判断して認識して生きたら、自らその認識を捨てられない。

もっと理想的で正しいことを聞いて自分が認める時、その時に初めて、以前持っていた間違った理論を捨てるようになる。

脳に認識させ入力しておいたものを捨てなければそのまま行なうようになる。

だから脳が正しく認識し、脳に正しいものが入力されていてこそ、正しい行ないをするようになる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 十分に、相談をたくさんしなさい。 対話をたくさんしなさい。 体の病気を考えてみなさい。 循環が悪くて生じるのだ。 止まると病気になる。 信仰も同じだ。 天と疎通ができず、対話ができなければ、 霊的な病(やまい)にかかる。 人との関係も同じだ。 対話せず、疎通ができなければ、 心情に病が生じ、一つになれない。 -摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より
PAGE TOP