<人間の責任分担>は「自分」が自らやってこそ存在する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隣で助けても、結局自ら食べて寝て息をしてこそ存在するように、
聖霊と主が隣にいて助け、共にしても、
<人間の責任分担>は「自分」が自らやってこそ存在する。

聖霊と主は<天の責任分担>をしてあげ、<人間の責任分担>は「自ら」するようにさせる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 良い花と実―詩
PAGE TOP