神様の前で「最高の待遇」を受けるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水を飲んで「変化」して、鍾乳石になり、野菜になり、果物になり、穀物になった。神様は本当に不思議に万物を創造なさった。

人間の肉体が考え、行なうとおりに「霊の形体が変化」し、その霊が変化したとおりに「それに該当する霊の世界」に行く。
善の霊の世界、あるいは悪の霊の世界だ。

鍾乳石も、野菜も、果物も、穀物も、動物も「よい方に変化するとおりに」<価値>が生じて、人々に<ものすごい待遇>を受けるようになる。

人間の霊も肉体の考えと行ないに従って「よい方に変化」すれば、<最高の価値をもった霊>になって、神様の前で「最高の待遇」を受けるようになる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 分からなければ不満が出る。
  2. あることは「目」で見る時は絶対にできないはずだが、「実際」にはできる。だから見えなくても、「すべきこと」であれば、行なってみなければならない。
PAGE TOP