鄭明析牧師の詩~偉大な生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「偉大な生」 鄭明析

創造主は
人間を
実に偉大に
創造した

人間は
哀れでもあり
偉大だ

偉大に生きるとき
実に偉大で
価値なく生きるとき
実に哀れだ

全能者 御子を
愛して生きるとき
最も偉大で
自分の肉だけのために生きるとき
最も哀れだ

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP