神様と聖霊様と御子は「時」を定め、その日その日<時>に合わせて、万物にも人間にも歴史を広げます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様と聖霊様と御子は「時」を定め、その日その日<時>に合わせて、万物にも人間にも歴史を広げます。
これは「絶対的」です。

人が幼くても、成長していても、老人になっていても、あるいは人が分かっても、分からなくても、神様は「時」になれば歴史を始めます。
人が理解できても、できなくても、準備ができていても、できていなくても、分からない人は分からないまま、分かっている人は分かっているまま、幼い人は幼い人のまま、大人は大人のまま、神様は「時」になれば行ないます。
<時>がこれほどにも重要です。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 人生の道 鄭明析牧師チョンッミョンソクの詩
  2. 植木鉢の花や盆栽を買ってきて育てる人たちは、買ってくるときは好奇心で買ってくるけれども、よく枯らしてしまう。枯らす原因を見ると、家に水がたくさんあるのに水をやらなくて枯らすし、水をやるにしても水を少ししかやらなくて枯らすし、水をやりすぎて根が腐って枯らすし、肥料をやらなくて植物が病気にかかって枯らすこともある。命の管理もこれと同じだ。ー摂理の箴言より
  3. <自分の言葉の御力、祈りの御力>が「実体」になって、どれほど大きな力を発揮するか、「小さいこと」からまず一度やってみなさい。 <祈れ>ば、最初は「小さいこと」ができる。そうしているうちにだんだんと「大きいこと」を求める。神様は「ふさわし」ければ聞いてくださり、成し遂げてくださる。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より 2016年8月8日
PAGE TOP