<時間の歯車>だ。「その時間に該当する、すべきことを入れて、時間を合わせて回すこと」だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

器に該当するものを入れるように、「その時間に該当する、すべきことを入れること」だ。

<時間の歯車>だ。「その時間に該当する、すべきことを入れて、時間を合わせて回すこと」だ。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. <前進する時、次元を上げる時>はまるで密林を切り開いて進むようにすべきであって、座り込んで手間取っていたら、人生の日が暮れて、そこにとどまるようになる。 かき分けて進むように、そのようにすれば、そこを抜け出して、違う世界が出てくる。 <小さいこと>をするにしても、ちびちびやるな。できるだけ切り開いて進み、前進しなければならない。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP