食べ物を見ないで食べたら何の味がするか。神様の歴史も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ物を見ないで食べたら何の味がするか。分からずに食べたら何の味がするか。
神様の歴史も、神様も、聖霊様も、御子も、分からずに信じて愛して生きれば、見ないでその話だけを聞くのと同じだ。

食べ物を見て、話を聞いて、分かって食べたら「本来の味」がする。
これと同じく、神様の御心を正しく分かって、神様と聖霊様と御子主を正しく分かって、正しく見て、愛して、その御言葉を正しく実践すれば、それだけ「信じて愛する味」がするし、「御力」が生じる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 歴史を起こす力がほしいですか。 真に神様の御心をなしてみるつもりですか。 何よりも愛で一つになることです。 それによって平和の世界をなすのです。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の御言葉より
  2. 対話で解きなさい。解いてこそ和睦するようになる。 -摂理 キリスト教福音宣教会 2016年7月24日 主日の御言葉より
  3. <貴重さ>を分かってこそ、ある時に命を懸けて集め、溜めておく。そしてない時にダムの水を使うように貴重に使う。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP