その人がその人ならばいいのではないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様は

「ある人が、人々が見るところ、以前はきれいだった。しかし今はきれいではない。人々はきれいではないと思う。しかし私 神様はきれいだと思う。以前も今もその人だから、また装えば、きれいになるからだ。

信仰も、以前はよくできる人だったが、今はよくできず、よくなくても、よい人だと思う。これは<根本>が『よくできる資格者』だからだ。

最初もよくできなくて、今もよくできない人なら、よくできる時までよくできないことだと思う。よくやれば、すぐに変わる」とおっしゃった。

誰でも「以前よくできていた人」なら、今はよくできなくても、またやれば、よくできる。「よい感情と希望を持っている人」だ。

例えば、木があるとしよう。以前はとても素敵で、買って来た。しかし今はいまいちだ。その木が同じその木ならば、すでに「素敵で美しい骨格」が備えられているので、また管理をすればいい。‐人間もこれと同じだ。

若い時、美しく素敵で好きだったとしよう。しかし年をとったら変わって、若い時ほどではないとしよう。以前に及ばないからと言って、喜びと希望も消えると言う。その人がその人ならばいいのではないか。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 「互いに対話しなさい。対話で解きなさい。残すことなく解きなさい。<対話>が『わだかまりを解く上で核心』だ」 -摂理 キリスト教福音宣教会 2016年7月24日 主日の御言葉より
  2. 主の愛-詩

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP