肉体の病と心霊の病を治しなさい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年12月2日 主日礼拝
<主題>肉体の病と心霊の病を治しなさい
<説教者>鄭明析牧師
<聖句>ヨハネ第3の手紙1章2節-4節
愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じく、あなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかであるようにと、わたしは祈っている。 兄弟たちがきて、あなたが真理に生きていることを、あかししてくれたので、ひじょうに喜んでいる。事実、あなたは真理のうちを歩いているのである。
わたしの子供たちが真理のうちを歩いていることを聞く以上に、大きい喜びはない。

富、栄華を極めた人でも、いくら美人でも、病気になったとき治せなかったら、結局、死んでしまいます。
病気だけではなく、事故が起こることを知らないでいて事故に遭ったら、寿命前に死んでしまいます。

 

人は生きるためにお金を稼ぎ、会社を運営し、商売もし、勉強もし、熱心に職場にも通い、スポーツもし、様々なことを熱心にやらなければなりませんが、自分の健康を顧みることを怠ったら、病に悩まされ、寿命前に死んでしまいます。

自分の健康のことを心と思いと命を尽くして顧みてこそ、常緑樹のような活き活きとした健康の幸せを享受することができます。

 

私達の人生も、心と思いと命を尽くして顧みないと、死に至る病にかかってしまいます。
肉的な病も死に至りますが、精神的な病も霊的な死に至ってしまいます。
精神的な病気として、間違った考え方を持つことも病気の一つです。
完全でない言葉を信じて従うことも人生の病です。
完全でない人に仕えて生きることも信仰の病です。

 

ただ神様だけが全能な方であり、神様が遣わしたメシヤだけが完全な方です。
その方に完全な真理と完全な神様の御心があります。
度が過ぎるほど物質を愛し、その主管に溺れて生きることも人生の病です。
異性に溺れて生きることも病です。
神様の御心から離れて、神様の真理から離れ、神様の掟から離れた人生も全て病です。

人生の様々な間違っている主管、考え方に溺れて生きること、治せなかったら、結局、霊的に精神的に死んでしまいます。
精神が病んで死んでしまったら、肉体も正常な生き方はできません。
地球村は環境汚染で病んでいるし、人間の肉体は様々な病気で病んでいるし、
人生の心は憎しみと争いと妬みと物質、異性、名誉と無知で病んでいます。

 

自然が病んでいる時は掃除をし、汚染している所を浄化すればきれいになり、正常を取り戻します。
私達の肉体が病んでいる時には、医者の治療を受け、自分も治療すれば健康になります。
精神が病んでいる問題は、完全な真理の御言葉を聞いて、その時代に従って、御言葉に従って生きて、
物質と異性と憎しみと名誉と虚栄心も全て捨てて、神様が人生を創造なさった御心通りに完全に生きて初めて、心の病を癒され、霊魂も肉体も栄えるようになります。

 

心と思いと命を尽くして自分自ら治し、指導する人達も、彼らを御言葉で治療し健康にしてあげなければなりません。
肉体が病んでいる時に治療ができなかったら虚しく死んでしまうように、
私達の人生も、心が病んでいる問題を完全な御言葉に従って行なうことで治療できなかったら、結局、死んでしまいます。

 

肉体が病んでいるのにお金ばかり稼ごうとしたり、異性の愛ばかり求めたり、名誉、権勢ばかり得ようとするし、顔ばかりきれいにしようとします。
急ぐべきことは自分の病んでいる問題を解決することです。
健康を失ったら人生は全てを失うことになります。

心と思いと命を尽くして健康を顧み、心と思いと命を尽くして心の健康を顧みなければなりません。
肉体が健康でこそ、健全な考え方ができるし、心が健全であってこそ、神様に対して完全に考えることができます。

 

治療することにおいては、医者だけが責任を負うことはできません。
医者は正確な診断をして、熱心に解剖し、手術をして治してあげなければならないし、本人は自ら健康のために命を賭けて、顧みなければなりません。

 

霊魂が栄えるように肉体も栄えると聖書でも話している。健全な考え方と健全な行いなしには、健全な人生を生きることはできません。
試みと艱難、迫害の中で、最後まで耐え忍ぶ人になり、私達の人生の病を自分で診察をし、治療をし、手術もしなければなりません。

 

人は健康を失ったら、意欲もなくなり、希望もなくなり、夢もなくなります。
やろうとする心が消えてしまい、好奇心も消えてしまいます。
自分が人生の様々な病にかかっていることを悟って、自ら自分を診察し、治療もしなければなりません。

 

外側は天国のようで、内側は地獄のような人がいます。外側は羊の服を着て内側は略奪する狼達が多いです。

この週の御言葉を通して自分を霊肉共に診察し、いそしんで治療して治していかなければなりません。
健康のために運動もし、信仰の健康のためにいそしんで、神様が自分に任せた御旨のために走らなければなりません。

神様は、悪人は神様の日に裁き、義人は日々祝福して下さいます。
毎日休まないで祈り、御言葉を述べ伝え、人々を教え、教育しなければなりません。
父と御子と御霊の権能が全ての人々に共にすることを願います。

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 自分の目の塵を取ろう2
  2. 紛争と争いのないところで歴史が起こり お互いと悪評のないところで歴史が起こる。
  3. 夏 トロピカル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP