健康診断をなぜ健康なときに受けなければならないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康診断や人間ドックを定期的に受けるのは、病気を発見するだけでなく、病気になってからの為でもあります。

 

普段、健康な状態の数値がどういった数値なのか、状況なのか、知る必要があります。
そうでないと何が異常なのか分からないこともあるからです。

 

たとえば血液検査をすると、数値が出ます。
個人によって多少なりとも差はありますので、何回か検査をすると、その人の健康な場合のときの数値が分かります。

 

かかりつけのお医者さんが必要なのも、「普段を知っている」というのが理由の一つになります。

 

私は血液検査を一年に数回します。
私は白血球が少し高めですが、これは10年以上前からこの状態です(それより以前は記録がないのでわかりませんが^^;)
お医者さんに言わせると体質も絡んでくるそうです。

 

ただ一度だけ血液検査をし、過去の状況もみて判断しなければ、ただ単に白血球の数値が高い人になってしまいます。

 

以前、人間ドックを一度受けており、その後も健康診断や血液検査をしているおかげで
自分個人の正常値が大よそですが分かります。

 

健康も、病気になる前に、前もって気を使わなければなりません。前もって病院に行き、検診を受けなければいけません。ガンが生じても、前もって検診して見つけられさえすれば、ほとんど助かります。

 

 特に信仰者たちは、病気になると、祈って治ろうとばかりします。そうして病院に行くのが遅くなって、病気を大きくしてしまいます。
もちろん<祈り>もしなければなりませんが、「祈るだけ」ではいけません。<祈り>もして、<病院>にも行かなければなりません。

  

 神様が人間に知恵を与えて<医学>が発展するようにしてくださいました。神様が<医師>を使って治療してくださいます。そうするのが一番易しく治せるからです。

 

 病気を難しく治そうとしないで、早め早めに病院に行って検診を受け、医師の手を通して易しく病気を治さなければなりません。<薬>を使っても、<病院>に行っても、やはり「神様の手」が共にして治療してくださいます。

2017年5月21日 主日礼拝の御言葉より

 

今週の御言葉を聞いて、更に健康診断の大切さを確信しました。
油断せず、更に気を付けていきたいと思います。

 

今は定期的に漢方のお医者さんに通っています。
私の課題は・・・運動すること。
前もって運動できるように頑張ります( ;∀;)

 

人間ドック自体は、以前受けたものの、それから長らく受けてないので受けなければ( ;∀;)
人間ドック、住んでる市町村で補助も出ていることもあるので調べてみてください。
1万円とか2万円とか、万単位で補助が出るんですよ。
これはとても有難いですよね。

 

つくば市の場合は
人間ドック 30歳以上 17,500円
脳ドック※ 40歳以上 25,000円
総合ドック※ 40歳以上 37,500円
※脳ドック・総合ドックは,3年に1度の助成

詳しくは特定健診等・人間ドック等健診まで
(病院どこでも補助が出るわけではなく、対象となる病院は決まっています。申請方法も要確認です!)

 

これからも前もっての健康管理、いそしんで頑張ります。

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 大体、現実は地味であるが

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP