摂理で結婚ー切迫早産で男女の双子出産 ブログ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭局ママYulanさんが書いてくださった記事をまとめました。

 

胎夢を見ました

2014.6.16

私は出産する前に韓国人の友人から
韓国では胎夢をとても気にすると聞きました。

 

実際、その方は2人目のお子さんがお腹にいる時、
女の子を象徴する「さくらんぼ」が夢に出てきたそうです!

私も気になってお祈りしてみました。
そうすると、夢を見たんです!

看護師さんが現れて、
「男の子」と書いたカルテと「女の子」と書いたカルテを
持っていたのです。

 

その時は自分の願望が現れたのかもと思って
半分くらいしか信じてなかったのですが、
本当に男と女の双子が生まれました!

 

びっくりしました~
やっぱり主は全部ご存じなんですね^^

 

命の神秘

2014.06.25

初めての育児が始まって1年ちょっと経ち、
命の神秘を一層感じるようになりました。
成長に必要な過程があまりにも完璧にできていること、
そもそも命の誕生自体が神秘としか言いようがありません。

 

切迫早産で2ヵ月ほど入院したときのこと

今週、摂理のチョン・ミョンソク先生は、御言葉で
「一人でいるときによくできるようにしなさい。
しかし、一人のときでも一人ではない」とおっしゃいました!

どういう意味かというと、
いつも神様、聖霊様、御子、主は
私たちのすぐそばにいらっしゃるということです
神様ほど近くにいらっしゃる存在は他にはいないのです☆

神様は本当に近くにいらっしゃるんだということを
実感したことがあります。

 

昨年、切迫早産で2ヵ月ほど入院していたとき、
お腹の子が心配で心配で
無事に育って生まれてくるようにと
ベッドの上でお腹をさすりながら切実に祈っていました。

そして聖句を引こうと感動があり、
祈ってパッと開いたところを読んでみると・・・
使徒行伝17章27節~28節が目に飛び込んできました!

こうして、人々が熱心に追い求めて捜しさえすれば、
神を見いだせるようにして下さった。
事実、神はわれわれひとりびとりから遠く
離れておいでになるのではない。
われわれは神のうちに生き、動き、存在しているからである。

この聖句を読んだ瞬間、

ああ、私たちは神様の胎の中にいるんだ!
私がお腹の中の子供を思うように、
神様も私たちのことをこんなにも
思っていらっしゃるんだ!
神様の胎の中にいるなら安心だ~!

と思ってものすごく恵みを受けました^^

今でも、心配なことがあるとこの聖句を思い出しています

 

摂理のママ友の助け

今朝、双子の弟が熱をだしました。
吐いたりしてないから様子を見ようと思い、
夕方になりました。

感動があり、摂理のママ友に電話して相談したところ、
ぐったりしてるなら受診した方がいいかも
と言われ、救急でみてもらうことになりました。

双子の姉の方も一緒に連れていかないと…
と思っていたら、その友達が、
もう一人の方見ててあげる!
と言ってくれて、家に来てくれました(涙)

無事病院に着いてもう一度熱を測ると
40度超えてました(゜ロ゜;ノ)ノ
受診して良かった(。>д<)

バタバタだったのですが
人を通して神様が適切なアドバイスを
くださり、人を送って子守りもしてもらい、
本当に助かりました~(^3^)
感謝です(*´∀`)

私も主に使われる人になりたいと思いますo(^o^)o

 

修正1歳の誕生日

2014.7.11
今日は双子たちの修正1歳の誕生日です!

生まれたのは去年の4月なのですが、
早産だったため、発達で見るときには予定日から数えるのです。

予定日より2か月半も早く産まれてしまいましたが、
数々のハードルを乗り越え、
元気に1歳を迎えられたことを神様に感謝します!
妊娠19週にして流産しかけ、
ぎりぎりのタイミングで手術により流産を免れました。

たまたま定期検診の時に流産の危険性が発覚し、
即入院、手術となりました。

その時は不安でしたが、
振り返ってみれば、神様が命を守ってくださって、
奇跡的に生まれてきました。
大きくなったらどんなに神様に愛されて生まれてきたのか
話してあげようと思います

 

育児で感じる神様の心情

「自分の責任」について、列車やバスの路線にたとえて
話してくださいました。

飛行機や電車やバスに乗ったとき、路線までしか
運んでくれることはできません。
自分の家、自分の部屋に入るためには
自分が歩いて行かなければなりません。

そのように、神様は天国の門の前まで
私たちを連れてきてくださったから、
歩いて入っていくことは自分がしなければならないのです!

また、別のたとえでは、
食べ物を作ってあげることはできても、
食べてあげることはできないのと同じだとおっしゃいました。

子供たちは今一歳ですが、まだ離乳食が完了していません
なかなか食べてくれないときは、
正直本当にもどかしいですショボン

まだちょっと硬すぎたかな~と思ったら
お湯を加えて柔らかくしてみても
やっぱり食べてくれなくて。。。
ということはよくあります!
代わりに食べてあげられたらとさえ思います。

神様もそのような心情なんだと思いました。

 

育児で神様の為の働きが出来ない

最近の私の悩みは・・・

育児と家事で一日があっという間に終わってしまい、
神様のための働きがなかなかできていないということでした。

神様のために働きたいけど、
育児のせいであれもできない、これもできないと
焦りとともに不平不満が溜まってしまっていました。

しかし。

今週の御言葉で解けました!
認識の転換です。

自分の考えと主の考えは違う!

主題は「あなたの足から靴を脱ぎなさい」
人は「どうして私には機会がないのか」と言うが、
それは自分の考えだとおっしゃいました。

また、「すべきときにすべきことをすることが栄光を帰すことだ」
とおっしゃった過去の御言葉を聞いて、
そうだ、今、あれができない、これができないと
言うのではなく、
育児をしながらでも栄光を帰すことができる!
と思って心が晴れました。

神様がしばしの間任せてくださった
神様の尊い命たち。
感謝し、主を呼びながら、愛で子育てします^^

 

天国は奪ったもの勝ち?! 子供たちによるミルク奪回の戦い

我が家では毎朝子供たちによるミルクの争奪戦が行われています。

ミルクを作っている姿を柵ごしにじ~っと見つめられ、
(柵というのは、ベビーゲートのことで、決して閉じ込めているわけではありません^^;)

「さあ、今日はどっちから~?」
・・・と言う前にすかさずお互いを押しのけながら
足元にすたすたすたっと寄ってきます。

そして先にママのひざに乗った方から先にミルクにありつけるという訳です(^^;)

負けた方は絶対に引き下がらず、
どうやったらミルクを奪回できるかと試行錯誤します。

最初は泣いてアピールするだけだったのが、
最近は自分で片方が飲んでいる哺乳瓶をわしづかみにして
自分の口に持っていきます。

二人同時にあげられたらいいんだけどねぇ、ごめんね(涙)
このように、天国は積極的に、果敢に、挑戦し、奪う者のものなのですね^^

マタイによる福音書11章12節
バプテスマのヨハネの時から今に至るまで、天国は激しく襲われている。
そして激しく襲う者たちがそれを奪い取っている。

 

摂理で家庭天国 我が家の「二本のオリブの木」

そしてわたしは、わたしのふたりの証人に、荒布を着て、千二百六十日のあいだ預言することを許そう」。
彼らは、全地の主のみまえに立っている二本のオリブの木、また、二つの燭台(しょくだい)である。

二本のオリブとは、ある一つの中に2人、神様が立てた人のことです。
様々な意味合いがありますが、夫と妻のようにお互いに支え合っている人達のことを言います。

我が家には二本のオリブが二組存在します^^

1私と旦那、2子供たち(男の子と女の子の双子)ですね。

私と旦那

違うからこそ良いのだ!とだんだん身にしみて分かってきました。
性格はやはり正反対なことが多いです。

旦那      私
几帳面     おおざっぱ
楽天的     心配性
ひょうきん   真面目
自由派     保守的
繊細      鈍感

結婚してから相手をとおして見つかった自分の欠点は多いです!
矛盾を直せるようにしてくださった神様、感謝します。

子供たち(男の子と女の子の双子)

双子だと、見た目が似ているから中身も似ていると思われがちですが
私が出会った双子のママさんたちに聞いてみると
性格は正反対!というケースがほとんどです!

うちの場合、まだ1歳なので
そこまで個性がはっきりと表れているわけではありませんが・・・

姉       弟
力強い     控え目
声が大きい   声が小さい
遅寝遅起き   早寝早起き
甘えん坊    一人でも大丈夫
飽きっぽい   集中力がある(?)

これからどんなふうに成長してくれるのか楽しみです。

二本のオリブの木になって
お互いに助け合い、切磋琢磨して
神様の御心を成して差し上げる二人になってほしいと願っています^^

 

韓国語と日本語の違い ~育児で使う言葉~

数日前、摂理の銀河たち(摂理で生まれた子供たち)の
教育をしてくださる牧師さんのお話を聞きました。

その中で、子供に言ってはいけない単語として
「駄目」と「~しないで」という単語を挙げられました。

実際、どれくらい使っているか意識してみると
毎日のように使っていました~!

口癖になってるかも・・・

産まれたときから定期的に診察してもらっているお医者さんからは
0歳~3歳までは無条件ほめてあげるのがよいと言われました。

ちょっとしたことでも大げさに喜んで、
偉いね~きゃvネコ 上手だね~ゆう★ と褒めちぎる。

そうすると気分が良くなって色んなことに挑戦できて発育が進むのだとか。

子供にどんな言葉をかけてあげるかで
性格や成長に大きく影響するので
言葉には気を付けないといけませんね!

そうしたら先日、摂理の友人Nちゃんからこんな話を聞きました。

Nちゃんは韓国語を勉強しているのですが、
韓国語と日本語の違いを教えてくれました。

日本では「~しないといけない」「~しなくちゃだめよ」
とよく言うのですが、これは韓国語で

「~ハジアヌミョン アンデンダ」
と言います。

しかしこれと同じような意味で
「~ヘヤデンダ」(日本語で「~してこそよい」)
という単語の方がよく使われるそうです。

「ちゃんと挨拶しなくちゃだめよ」
「遊んだあとは片づけしなくちゃだめよ」
と言われるより

「挨拶したら相手も自分も気持ちがいいから挨拶しようね」
「片づけしたらお部屋がきれいになるからお片付けしようね」
と言われて育つ方がいいですよね!

ついつい「ダメダメ!」と言ってしまう癖を直して
ポジティブワードを使うように心がけよう~と思いました!

 

摂理で育児中! 東北大学とNTTの共同研究に期待します

2014年11月25日

早いもので出産から1年半が経ちました。
出産は女性にとって命がけの大仕事だということを感じました。

摂理のママさんたちと話しても
みんな様々に苦労して出産したことがわかります。

私は切迫早産で2か月半入院し、予定日より前に破水して緊急帝王切開になりました。

統計によると、年間約20万人の妊婦さん(5人に1人の割合)が
妊娠高血圧症候群や妊婦糖尿病などになっているそうです。

深刻な場合には、母親と子供のどちらか一人を諦めなければならないケースもあります。

現在の医療では、原因が未解明なのだそうです!

そこで私がとっても期待しているのは
ドコモのもつヘルスケアデータの取り扱いのノウハウと
東北大学のゲノム解析の技術と取り組みを合わせ、
発症に関する環境要因と遺伝要因の両方を細かく解析する研究です。

東北大学病院に通う妊婦さんたちの食生活や運動などのデータを
ドコモのスマホアプリで収集するそうです。

もしこの研究で成果がでたら、
発症する前に予防でき、より安全に、安心して出産にのぞむことができます。

命が生まれてくることは奇跡だということを身をもって体験したからこそ
一人でも多くの命が健康に、安全に生まれてきてほしいなと思います。

 

家族が増えると

一人でいる時とは違って、家族が増えると色々あります。色々。本当に。

あ~、どうしたらいいんだろう。。。

そんな時は
感謝すること
これに尽きます

感謝に関する箴言
感謝しなさい。感謝しないと人生が干ばつのように渇いていく
感謝し、落胆するな。心から感謝する人は、神様がもっと感謝することを下さる
こに時代は感謝が足りない時代だ。肉が豊かな時代に生きていても魂と霊は苦しいから、
感謝で魂と霊を豊かにしなさい。

アーメン

 

摂理で結婚して3年ほど経ちました!


この3年を振り返ると
とっっっても濃い時間でした。

なんででしょうね。
人生を二人分生きてる感じです。

 

同じ御言葉を聞いているから
価値観は同じだけど、
性格は正反対なので
学ぶことが多いです。

 

私が摂理で結婚して良かったな~と思うのは
互いに意見が違っても、または
どちらを選択すべきかわからないときも
祈って御言葉を聞くと
答えが来るから別れ争うことがありません。

 

でも、時には互いに矛盾を指摘して
険悪になるときはあります。

でも、御言葉で指摘されるから直すしかありません(笑)

私は、結婚して初めて
自分がこんなにも自己中心的な人だということを
悟らされました。
それまでは自分をそのようには思ってなかったのです。

でも、言われてみたら当たってました。

一つ一つ矛盾を直していくと、
段々と家庭が天国になっていくのを感じます。

もちろん、完成にはまだまだ程遠いですが、
御言葉を中心にしながら天国を実現したいです!

 

目がキラキラの双子

一歳になる子供達(双子です)にとって、
この世の中にある物はほとんど
知らないものばかり

ペットボトル、携帯電話、ノート、ボールペン、などなど
手に持っているのを見ると、
目をキラッキラさせながらすごいスピードで
ハイハイして寄ってきます

 

その嬉しそう~な顔を見て御言葉を思い出しました。

 

御言葉を聞くときはまるで初めて胎から出たこどもが
初めて見る世の中を珍しそうに眺めるように
そのように聞かないといけない
とおっしゃいました。

本当に、そのように反応したら
御子は喜ばれるだろうな~
もっと御言葉をあげたくなるだろうな

 

大阪大学でのサッカー

私は大学生の時に摂理に導かれるようになりました。
大阪大学出身ではありませんが、家が大阪大学に近かったので
阪大グラウンドで行われていた朝サッカーによく参加していました。

朝7時頃から始まり、8時半に練習を終え
1限の授業に間に合うようにジャージのまま急いで学校に向かい
学校のトイレで服を着替えて授業に出ていました

今思い返すと、よくそんな生活できたな~とびっくりします。
それだけ摂理の朝サッカーが楽しかったのです!!

摂理に出会うまではサッカーなどしたことがなかったのですが、
阪大グラウンドでの朝サッカーで基本を教えてもらいました。

でも試合は苦手です・・・

摂理の鄭明析(チョン・ミョンソク)先生は、サッカーを通して
信仰、人生、神様の働きなど様々なことを教えてくださいます。

私はサッカーを通して『基本』の大切さを教わりました。

姿勢が正しくなければならならない。
サッカーの基本は一日にして磨かれるものではない。
基本の技術は常に準備することだ。
基本が備えられてこそフォームがはっきりしてかっこいい。
正しくすることがフォームだ。
基本が備えられてこそ、神様が働かれることが出来る。

試合中、いざという時に基本ができていないと
ボールをうまく扱えない経験を痛いほどしたので
人生は毎日自分との闘いです。

平素信仰が永遠の運命を左右します。

信仰が幼いころサッカーを通して練達してくださった神様に感謝します

 

摂理にいる理由

私が摂理に出会ったのはかれこれ十数年前になります。

御言葉やチョン・ミョンソク先生を疑ったことは一度もありませんが
摂理の道を行きながら困難な状況はたくさんありました。

でもなぜ摂理についてきたのか、今も摂理にいるのか、
それは、神様の「愛」を知ったからです。

人は「愛」というと異性間の愛をまず思い浮かべると思いますが、
神様の「愛」とはまったく異なります。

神様は御言葉を通して
私の飢え乾いた霊魂に命の水を与えてくださいました。

自分の価値を分からず、世界で最も価値の無い人間だとまで思っていた私を
尊重してくださり、理解してくださり、
「私」は神様にとって、なくてはならない存在だということを
教えてくださり、価値を取り戻させてくださいました。

例えば、私に何か心配事や困っていることがあると、
私よりも神様の方がもっと真剣に考えてくださるし、
私に病気があると、神様は自分が病気であるかのように痛みを分かってくださいます。

死んだように生きていた私に、生きる意味と自分の価値を教えてくださったから命を生かしてくださった恩人です。
肉の命だけでなく、御言葉で霊の命も生かしてくださったから永遠な命の恩人です。

 

岡山県で生まれ育ち

正確には「晴れの国岡山県」です(*^O^*)

中国山地と四国山地に挟まれていて
雲が遮られるために日本で一番
晴れの日が多いのです!

そして活断層がないので地震も少ないです!
日本一安全だと言われています。

他に日本一があるとすれば
桃とブドウですね。

有名なのは桃太郎と吉備団子くらいでしょうか(^^;

しかし、全国でダントツ一位のものがあります!
それは、岡山県立図書館の来館者数と貸出冊数!
9年連続で一位だそうです。

個人貸出冊数は142万冊。
年間100万人以上が来館して100万冊以上貸出するのは
全国の県立図書館では唯一だとか。

なんでそんなに利用者が多いんでしょうか?

理由1 全国で発売される新刊の7割が置かれている。

理由2 本のエキスパート、優秀な司書が各分野別にいて、
求めているぴったりの本を迅速に探しだしてくれる。

などがあるようです。

私も一度行ってみたいです。

摂理の鄭明析(チョン・ミョンソク)先生は
主日の説教の御言葉を書いてくださいますが
来る霊感はたった一言だそうです。

その御言葉に最もふさわしい聖句を
何万もある中からぴったりの聖句を選んで
その御言葉を噛み砕いて、理解しやすいように
多様に伝えてくださいます。

聖書を二千回以上読んで、聖書の御言葉を
一つ一つ実践してこられた鄭明析先生は
聖書のエキスパート、御言葉のエキスパートでいらっしゃいます!

ハレルヤ♪

 

親を通して感じた神様の心情

先日、母と電話で話しました。

母は摂理に来てはいませんが、神様は母を通して色々と助けてくださっています

新米を送ってくれるという話なのですが、
電話を切る前に
「何か困っていることがあればいつでも話してね。
何か助けられることはないかと待ってるんだから。
それが親の心というものよ。」

と言ってくれました。

この言葉を聞いて、
ああ、神様も、そのように思ってくださっているんだなあ・・・
としみじみ感じました

神様の人間に対する愛は、親のような愛でもあり、恋人のような愛でもあり、
それ以上の愛です。

神様の愛は人知では測ることができません。

摂理の鄭明析(チョン・ミョンソク)先生は、
神様を最高に愛して生きることに挑戦し続けていらっしゃいます。

主の愛
茫茫(ぼうぼう)たる海
青空
生きておられ
いつも頭をもたげて
見ていた
主だったが
今は
私の側に
生きていらっしゃる主だ
夢でなく
うつつだ

主の愛に情が移り
陽と月が没し、昇ることにも気がつかず
夕御飯を作ることすら
忘れてしまい
慌てた

主が私を見ておっしゃった

ご飯も炊いて
仕事もしながら
愛しなさい

重ねて念を押し
微笑まれた

 

社会人時代の記憶ー摂理で学んだ許し

社会で働いている人はほとんどの人が
上司から叱られるという経験をしたことがあると思います。

もちろん、ミスをしたら叱られることもあるでしょう。

しかし、毎日のように叱られ続けたら・・・

そんなとき、あなたならどうしますか?

数年前、私はあるメーカーで働いていました。
私の上司は女性で、言葉が少しきつかったのもあり、
毎日叱られているような状況でした。

つらくて、もうこの会社辞めよう・・・と何度も考えました。
そんな中、神様が「許しなさい」という感動をくださいました。

この人を恨んでも何も変わらないし、自分もつらいだけだから、
「神様、私はこの人を許します」と言って、心を鉄板のようにして
傷を受けないようにして耐え忍びました。

すると、半年ほど経つうちに状況が変わりました。
私がその上司の役に立てるようになり、
約1年後には、頼られるくらいの信頼関係ができました。
何か特別によく仕事ができるようになったわけではないですが

霊的な状況が変わったのだと思いました。

鄭明析先生は
善で大きく負けてやってこそ、善で大きく勝つ。
と教えてくださいました。

この経験をしてからは
どんな状況でも人を悪い感情で判断することをしないように心掛けています。

ただ神様、聖霊様、御子だけが「公義の裁判」をなさる。
とおっしゃったので
どんな人でも自分の感情通りに判断することなく
神様にゆだねて
どんな人でも公義に接することができるように
これからも挑戦していきたいです。

 

お祈りのしるし


今日、摂理の友人と会う約束がありました。

しかし、今日はあいにくの曇りの天気。。。
低気圧が覆っています

友人から、体調がすぐれないので
今日は会えないかも…と連絡がありました。

そこで、その友人の霊、魂、肉の健康のために祈りました。

すると、友人から

「お祈りしてくれましたか?すごく体調が良くなりました!」
と連絡が来て、結局会えるようになりました(*´∀`)

正直、こんなに早くお祈りが聞かれるとは思わず
びっくりしました!!

感謝します(^∧^)

 

夢を見ました


私たちの目指す最終目標地点とは、天国です!
その道のりは決して易しくありません。

絶対に諦めてはいけないと言われていますが
昨日ちょっと弱気になってしまいました。。。

そして今朝夢を見たんです。

以前住んでいた実家の古~い家に住んでいて、
そこに友達を呼んだりしながら
それなりに満足して過ごしている夢でした。

最高の目的を、完全に諦めたわけではなかったけれど、
弱気になり、本当にできるかな・・・と考えること自体が
諦めて現状に満足することと同じだということを悟りました。

はっきりと矛盾を悟らせてくださったことに感謝して
悔い改めて再び立ち上がります

昨日は暗闇の中の生活、今日は光の中の生活、明日は発光体の生活へ

毎日より良い変化をなしていきたいです

 

夢の続き


昨日、夢を見ましたという内容を書いたのですが、

なんと今日宣布された主日の御言葉の主題は
「夢を軽んじるな。夢は啓示だ」
でした。

昨日の夢を思い出し、本当に、気を引き締めてもっと頑張って
今の次元を抜け出さないといけないと思いました。

「夢」以外にも、直感・予感・霊感・感動で啓示を与えてくださり、
考えが浮かぶようにして下さり、
肉体が見て聞く時に悟るようにして啓示を与えてくださる
とおっしゃいました。

そして、それらを軽んじないでこそ自分に何が足りないのか、
自分がすべきことは何かがわかり、
得るべきものを得るようになり、
見つけるべきものを見つけるようになり、
希望を得るようになる

とおっしゃいました

夜も昼も御子とぴったりくっついて
啓示してくださることを見逃さないようにしたいです

 

生活の中の神様


丸いズッキーニがあるのをご存知ですか?
私は初めて見て、かわいくて、おもわず即買いしてしまいました!

そして手間暇かけて作ったものは・・・
丸ズッキーニの肉詰め!

なんと1時間半ほどかかりました。

せっかく時間をかけて作るのだから、
しっかりお祈りして作ったところ、

家族から「美味しい~!」と大好評!
すごい「待遇」を受けました^^

食べ物もどうつくるかによって「味」が出て、「高級料理」になり、
それによって「待遇」されるようになります。人間もそうです。
月明洞も「つくる前」と「つくった後」では1000倍以上、差があります。
つくったから<神様の聖殿>として待遇されるようになったし、
それに伴う御働きがいっそう起こるようになりました。
つくる時に苦労はしても、一度つくっておけば一生使えるし、
子孫まで数千代が使うようになります。

<人生>もそうです。苦労はしてもつくっておけば、「肉は一生の間」使え、
「霊は永遠まで」天国で享受します。
「自分を貴くつくり、貴く使うこと」です。

 

御言葉の実践集

今日、時間のしるしを起こしました!

何人かで分担して仕事をしているのですが、
今日は仕事を割り振ってくれる方と私しか対応できる人がいませんでした。

急ぎだし、他に人がいないし、ということで
かなりの責任を感じながら、
ものすごい集中力を発揮しました

その結果、普段は3時間くらいかかる作業を
2時間くらいで終わらせることができました
終わったあとは心地よい達成感を感じました^^

先生の箴言

祈る人がいないと思い、あなた一人だけだと思って、祈りなさい。
あなたがしなければ祈る人がいなくてだめだと思って、祈りなさい。

このように毎日責任感を持って祈り、祈りのしるしを起こしたいです

━━━━━━━━━━━━━━━
最近、心がけていることがあります。

それは、兄弟愛です

御子は、人が天(神様、聖霊様、御子)だけを愛するなら、

完全な愛ではないとおっしゃいました。

神様を愛するならば、兄弟を同じように愛さなければなりません。

目に見える兄弟を愛せなくて、

どうやって見えない神様を愛することができるのか

と聖書に書いてあります。

兄弟姉妹たちを自己主観で判断したこと、

考えで、言葉で罪をおかしたことを悔い改めつつ、

相手を神様の愛する「命」として愛することができるように

日々挑戦中です。

以前の御言葉で、

家庭の天国を成すためには、

夫婦がお互いに御子に接するように

接することができるくらいにまで

人格を磨かなければならないと

おっしゃっていました!

夫婦といえども信仰的には兄弟です。

兄弟愛の難しさは、

相手の矛盾、足りないところが

目についてしまうところです

そんな私に御子が御言葉をくださいました。

あなたの愛を広げなさい。
先生があなただけを愛しているのか?
違う。
先生はあなたの兄弟たちと、罪を犯した弟子たちと
先生を悪評する者たちまでも愛した。
もう一度言うが、あなたの愛を広げなさい。

主よ、感謝します!先生の心を受けたいです

 

梅雨が始まりました

とうとう梅雨入りしてしまいました~

今日は「雨」に関する先生の詩を紹介させていただきます

チョン・ミョンソク先生の詩集は、韓国でベストセラーになりました

先生の箴言

「万物は神様の御言葉の実体展開体であり、その解釈版だ」

つまり、万物を通して神様を知ることができるし、

万物を通して神様がおっしゃっていることを

感じることができるのです。

聖書にも万物を用いた比喩が数多くあります。

しかし、その比喩を正しく解かなければ、

文字通りに信じて、無理やりな信仰を持つしかありません

チョン・ミョンソク先生は、比喩を分かりやすく、正しく解き明かしてくださり、

神様の心を正しく理解できるようにしてくださり、

正しい信仰を持つことができるようにしてくださいました。

以下に紹介する先生の詩を通して

この梅雨の時期、「雨」からたくさん

神様の心を感じられたらと思います

~ 罪と雨と人生 ~

差していた傘を放り投げ
お前、雨に散々打たれながら
果てしなく歩いた
この世の生活に汚れたあらゆる
墨よりももっと黒い罪を
きれいに洗い流してしまいたくて
滝のように降り注がれる雨に
一日中打たれた

春雨は罪の垢(あか)をふやかし
夏雨はその分厚い罪の垢を洗い流し
秋雨は深く染み込み良心の罪を洗い流してくれるのだな
そうして、冬山を超えていき白い雪となってこんこんと降る
大地を白く覆うあなたの姿は
春の間 夏の間 秋の間
体と良心の罪をきれいに洗い流した人々の
白い心のようだ

創造主が私に万物を用いて
このように比喩なさるのだな

 

梅雨の合間に

梅雨が始まりましたが、少し晴れたので

子供達と一緒に、近くのラベンダーの名所(?)にお出かけしました

空は曇っていましたが、寒くはなく、

ちょうど良い気候でした。

お決まりのラベンダーアイスを食べ

ラベンダーに囲まれた小道を散策。

種類によっては満開だったり2分咲くらいだったり。

ラベンダーの香りにすっかり癒されました。

さて、散策から帰る途中、

草むらに空き缶が・・・

残念ですね

それを拾って歩いている時、

先生のエピソードを思い出しました。

先生が海外を巡回されていたとき

タクシーに乗られたそうですが、そのタクシーの運転手さんが

あろうことか、窓からポイッとゴミを捨てたのです!

それを見た先生は何とおっしゃったでしょうか。

咎めたりするのではなく、

「あなた、大きいゴミ箱持ってるね!」

なんとユーモラスで、相手を傷つけない配慮!

きっとその運転手さんはもうポイ捨てをしないでしょう^^

部屋は自分の心を表しているように、

地球の環境汚染も、人間の心が汚れていることを表しているのだと思います。

地球は神様のものなので、

いつもきれいにして差し上げたいです。

まずは自分の内側からきれいにしていきたいものです

 

世界一美味しい料理とまずい料理

特技というほどではありませんが、

料理をするのが好きです

もちろん食べるのも

さて、ここでクイズです!

1、世界で一番おいしい物は何でしょうかicon
2、世界で一番まずい物は何でしょうかicon
答えは…………

どちらの答えも「塩」
ですヽ(´▽`)/
なぜでしょうか?
塩がなければどんな料理もおいしく作れないし、かといって塩を入れすぎるとまずくなるからです!
要するに、料理は「塩」がポイントですねicon
塩って実はとても奥が深いですicon
聖書の中に、「あなたがたは、地の塩である」という言葉があります。

マタイによる福音書5章13節

あなたがたは、地の塩である。

もし塩のききめがなくなったら、

何によってその味が取り戻されようか。

もはや、なんの役にも立たず、

ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。

マルコによる福音書9章50節

塩はよいものである。

しかし、もしその塩の味がぬけたら、

何によってその味が取り戻されようか。

あなたがた自身の内に塩を持ちなさい。

そして、互いに和らぎなさい。

塩は、やわらかくするだけでなく、腐るのを防ぐ働きもあり、

世界中の誰にとっても生活必需品です。

柔和な人柄で、生き生きとしていて、人も生き生きとさせることができ、

誰からも必要とされる人・・・

まさに摂理の先生ですね

私もそんな人になりたいです

 

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP