職場の社窓から 感謝について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。健太郎です。

今日は感謝についての教育があり、話を聞く中で色々と思い出したので、今日のテーマは感謝について。

時は遡りキャンパス時代。2010年くらいにチョウンさんが日本に来られた時の主日礼拝。

献金の時間、前もって献金を準備していなかった僕は周囲の人に献金封筒余っていないかを必死に尋ね、
やっとのことで封筒をゲットし、お金を入れようと財布に目をやってみると、そこには樋口さんしかいなかったんです。Oh Jesus(><)

大学生にとっての5,000円て相当デカいじゃないですか。献金係の人が回ってくるまでの数分間、僕の中で天使と悪魔が戦っていました。
散々迷った末、至った考えは「チョウンさんが折角来てくださったし、少しでも交通費等の足しになれば」でした。
若干の未練はあるものの、感謝したんですね。

で、その後 数日が経った頃
僕は漫画が大好きだったのですが、御言葉聞けば聞くほど読まない方がいいんじゃないかと思い始め(笑)、かなりの決心でONE PIECEを全巻売ったんです。
そしたらなんと、10,000円で売れました。Oh Jesus!(^^)

献金が倍になって返ってきた!ハレルヤ!神様すっげー!と大喜びしたのを今でも覚えています。
それからは「捧げものは必ず祝福として返ってくる」と確信し、献金を喜びで捧げるようになりました。

キャンパス時代はお金が無さ過ぎてちゃんと1/10献金ができなかったのですが、青年部になった今は毎月欠かさず1/10献金を捧げています。

その捧げものを神様は必ず見てくださり、沢山の祝福を受けながら社会人生活を送っています。

うちの会社は大手企業なので能力の高い人達ばかりで、普通に太刀打ちができないんですね。しかし、いつも神様が助けてくれるんです。
前回書いた部署異動もそうですし、時には人を送ってくれたり、時には知恵をくださったりしながら助けてくださって、僕自身は能力がそこまである訳ではないけれど、運が回ってくるんですね。

先生は摂理人に二つのことを与えたと聞きました。それは「運」と「健康」。
いやいやホントそうだなと思います。僕納得しないとアーメンて言わないので、御言葉中もあんまりアーメン言わないんですけど、それを聞いた時は即答でアーメンでした 笑

捧げもの、神様は必ず受け取ってくださり、「運」が回ってきます。
皆さんも是非、感謝を捧げてみてください。それはお金だったり、時間だったり、人それぞれ色んな感謝があるかと思いますが、その人の状況環境に応じて平等に評価してくださる神様なので、こんなに価値のある投資はないと思います 笑

以上、ご愛読ありがとうございました。

投稿者プロフィール

健太郎
IT企業の営業マン
20代後半
福島県出身

日々世の荒波に揉まれております。
摂理に出会い、「人間として正しい生」を知ることができ、自分の人生に自信を持つことができました。

最新IT情報とか日々の仕事で得た悟りなど、徒然なるままに書いていこうと思います~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP