何年振りかに会ったお姉さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、他地域の方々がつくばに来られ、一緒に交流しました。

 

その中に何年ぶりかに会ったお姉さんがいました。

 

私がまだ20代前半のときにお世話になったお姉さん。
お子さんも小学生高学年とかなり大きくなっていました。

 

お姉さんは私を見るなり、泣きそうな表情で私を抱きしめてくれました。
「生きてたー。よかった―( ;∀;)」

 

お姉さんは、私が摂理から離れかけていた時を知っています。

 

私がいなかったとき、私のお布団を干してくれたのを覚えています。
「まだ帰ってこないのかな」と。

 

今日あった時には、その話は一切しませんでしたけれども
何か相通じるものがあるなあと。

 

かっこよくいえば、お互いの心情が分かれば言葉は殆どいらない。

 

お姉さん、私は生きていますよ。
そしてお世話になったあの頃を、とてもよく覚えていますよ。
お姉さんを通して働いた神様に感謝しています。

 

お姉さんが私を抱きしめてくれたように、私も今日、数人を
「生きてたー、よかった―」
と言いながら抱きしめましたよ。

 

いっとき、調子があまり良くなかった人たちに今日、会って会話することが出来て
とっても幸せでした。
生きてるだけで本当に嬉しかったんです。

 

お姉さんも同じ心情でしたかね。

 

神様は人を見る時に、その人が生きてるだけでどれほど嬉しいのでしょうか。
そんなことを深く考えます。

 

自分が神様側の心情にならなければ、この嬉しさは理解できないんですね。

 

私も元気でいますから、お姉さんも元気でいてください。

 

今日会えて、本当に良かったですよ。
次に会った時には、一緒にお茶でもしましょう。

 

今日は遠くまで来てくださって本当にありがとう。

 

幼かった私は、今となっては少しは成長しましたか?
どうですか?

 

また必ずお会いしましょう。
神様のもとでの永遠の縁に本当に感謝です。

投稿者プロフィール

RIO
キリスト教福音宣教会のRIOです。
東京郊外生まれ&育ち。数年前からつくば市に在住しています。職業は、子供関連の仕事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 摂理人3.11 東日本大震災「おばあちゃん、死んじゃ嫌!!」
  2. 摂理のイベント時、助けてくれる人1
  3. 摂理の箴言
  4. 冷えた女性
  5. 201606月明洞 平和サッカー大会 平和になって喜んでいる姿
PAGE TOP