会うこと 別れることー摂理の詩

「会うこと 別れること」 鄭明析

夜昼
窓の外を見て
空を見て
千年も 心をやきもきさせて
待っていたあなた
ああ、心をやきもきさせ 待っていた
あの時よりも
もっと心をやきもきさせ
気が重い瞬間だ。
あなたと別れようと
あなたを見送らなければならない
この瞬間に
あなたを待っていた その心よりも
もっと苦しく やきもきする。

あの天の主は
こんなにも長く長く待っていて
こんなにも短く迎え
このように見送らなければならないのでしょうか。
行ってまた来るとおっしゃる
主の最後のその一言だけが
ただ私の希望です。
私のやきもきする心は
涙を流して消すだけです。
アンニョン。

-ドイツで

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟
PAGE TOP