自分について何故知らないといけないのか

<部分的>に知るのではなく、<完全にはっきり>知りなさい。

<部分的>とは、「一部」を言う。これはちょうど、ある人が「農夫」だということは知っているけれども、「どういう農作をしているのか」は知らないのと同じだ。

それなら<顔を見るようにはっきり知ること>とは、どういうことか?「その人が果樹園を持っている農夫で、ブドウだけを集中的に農作をしている女の人で、ブドウの中でもマスカット農作だけをしている」‐これぐらいは知ってこそ、<部分的に知るのではなく、顔を見てはっきり知るように知る人>だ。

 

<部分的に知る人>は「真っ暗な夜に景色を見るような人」だ。

<人>も<聖書>も<御言葉>も100%知ってこそ「正しく知ること」だ。

 

正しくはっきり知らない状態でやっておいたら、立てた岩が崩れるように崩れる。

<部分的に知る人>は自分の行くべき道を正しく行けない。

 

<新しい時代のこの時を迎えていながら部分的に知る人たち>は「自分たちが学ぶべき責任分担を果たせないから」だ。

過ぎたあとは、<部分的に知っていたこと>を「はっきり」知るようになる。

 

<悪人も善人も行なう時は分からなかったこと>も、主の日が来たら「はっきり」分かるようになる。

<聖書の深い御言葉>を「はっきり」分からないから正しく行なうことができず、「部分的」に大雑把に分かって生きるしかないのだ。

 

<自分の使命を100%知ること>だ。

*2019年9月5日 明け方のみことばより

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟
PAGE TOP