毎日<御子の声>を「自分」を通して聞きたいか。 毎日<御子の御言葉>を繰り返してあなたの口で言いなさい。

月明洞

 

人は「機能」を果たせなければ「死んだ」と言う。 神様と聖霊様と御子の前で機能を果たせないから 「死んだ肉、死んだ魂、死んだ霊」と言うのだ。

人は「機能」を果たせなければ「死んだ」と言う。
神様と聖霊様と御子の前で機能を果たせないから
「死んだ肉、死んだ魂、死んだ霊」と言うのだ。

 

<家>や<環境>を見なさい。 「さまざまな材料」をもって数千段階で、 いくらでもより良く理想的に作ることができる。 これと同じく<霊>も 「全能なる神様がくださる色々な段階の御言葉」をもって「肉」が行なって、 いくらでもより良く理想的に作ることができる。

<家>や<環境>を見なさい。
「さまざまな材料」をもって数千段階で、
いくらでもより良く理想的に作ることができる。
これと同じく<霊>も
「全能なる神様がくださる色々な段階の御言葉」をもって「肉」が行なって、
いくらでもより良く理想的に作ることができる。

 

人間は「自分が好きな所」に生きてこそ<理想世界>だ。 だから神様は<環境>を数十億、数百億種類に創造して、 自分の個性、自分の体質、自分の考え、自分の次元どおりにその環境に属して生きて、 神様を信じ、仕え、愛して生きるようになさった。

人間は「自分が好きな所」に生きてこそ<理想世界>だ。
だから神様は<環境>を数十億、数百億種類に創造して、
自分の個性、自分の体質、自分の考え、自分の次元どおりにその環境に属して生きて、
神様を信じ、仕え、愛して生きるようになさった。

 

体質になり、好みになれば、 「より劣っているもの」なのに、自分に合うと言って喜ぶ。 <信仰>もそうだ。 だから「自分の体質と好みの次元」を上げなければならない。 「間違った体質と好み」は結局限界にぶつかって、耐えられない。

体質になり、好みになれば、
「より劣っているもの」なのに、自分に合うと言って喜ぶ。
<信仰>もそうだ。
だから「自分の体質と好みの次元」を上げなければならない。
「間違った体質と好み」は結局限界にぶつかって、耐えられない。

 

人は怠けたら、自分の考えと体質が怠けるように変わる。 だから<怠ける次元>が「自分の好みと体質」になって、 そのような生が自分にとっては楽しみであり喜びだ。

人は怠けたら、自分の考えと体質が怠けるように変わる。
だから<怠ける次元>が「自分の好みと体質」になって、
そのような生が自分にとっては楽しみであり喜びだ。

 

毎日<御子の声>を「自分」を通して聞きたいか。 毎日<御子の御言葉>を繰り返してあなたの口で言いなさい。 そうすれば、御子があなたといつも共にしてくださり、導いて、守ってくださる。

毎日<御子の声>を「自分」を通して聞きたいか。
毎日<御子の御言葉>を繰り返してあなたの口で言いなさい。
そうすれば、御子があなたといつも共にしてくださり、導いて、守ってくださる。

 

御子がおっしゃった御言葉を忘れたら死ぬ。 「死ぬ」ということは、「肉体」が死ななくても、 「その仕事」が死に、「その時間」が死ぬということだ。 御子の言葉が「肉体に該当すること」なのに、 忘れて自分の考えどおりに行なったら、「肉に該当すること」が死ぬ。

御子がおっしゃった御言葉を忘れたら死ぬ。
「死ぬ」ということは、「肉体」が死ななくても、
「その仕事」が死に、「その時間」が死ぬということだ。
御子の言葉が「肉体に該当すること」なのに、
忘れて自分の考えどおりに行なったら、「肉に該当すること」が死ぬ。

 

毎日「御子」を随時呼ぶ人には御子も随時答えてくださる。 だから、御子が盗人のように来ても、その人には隠せない。

毎日「御子」を随時呼ぶ人には御子も随時答えてくださる。
だから、御子が盗人のように来ても、その人には隠せない。

 

聖書に「誰でも主の御名を呼ぶ人は救われる(ローマ10:13)」と言った。 <主の御名>を呼ぶことがそれほどにも大きい。

聖書に「誰でも主の御名を呼ぶ人は救われる(ローマ10:13)」と言った。
<主の御名>を呼ぶことがそれほどにも大きい。

 

<御子の御言葉>を忘れたら死ぬ。 <御子の御言葉>を忘れずに行なえば生きる。

<御子の御言葉>を忘れたら死ぬ。
<御子の御言葉>を忘れずに行なえば生きる。

 

<祈り>を忘れたら死ぬ。 祈れば生きる。 真実に祈ったのに信仰が死んだ人は一人もいない。

<祈り>を忘れたら死ぬ。
祈れば生きる。
真実に祈ったのに信仰が死んだ人は一人もいない。

 

「三位が遣わした人」を捨てたら、「三位一体」を捨てたことになって、 「御言葉」を行なっても、その労苦が無駄だ。

「三位が遣わした人」を捨てたら、「三位一体」を捨てたことになって、
「御言葉」を行なっても、その労苦が無駄だ。

 

<健康管理>を忘れたら、「肉体」が苦痛を受け、具合が悪くて活動できないから、 「信仰」までも死なせ、「肉体」も寿命どおりに生きられなくなる。 <健康管理>を忘れずに毎日管理すれば、「健康の天国」になり、 「体」も貴重に丈夫に美しく神秘的に雄大に作る。

<健康管理>を忘れたら、「肉体」が苦痛を受け、具合が悪くて活動できないから、
「信仰」までも死なせ、「肉体」も寿命どおりに生きられなくなる。
<健康管理>を忘れずに毎日管理すれば、「健康の天国」になり、
「体」も貴重に丈夫に美しく神秘的に雄大に作る。

 

<感謝>を忘れて、しなければ、「信仰」も死に、 「経済」も死に、「希望していたこと」が駄目になり、死ぬようになる。

<感謝>を忘れて、しなければ、「信仰」も死に、
「経済」も死に、「希望していたこと」が駄目になり、死ぬようになる。

 

「感謝しない人たち」は「感謝する人たちのおかげ」で生きている。 しかし、彼らは「経済の乾いた地」に住んでいる。

「感謝しない人たち」は「感謝する人たちのおかげ」で生きている。
しかし、彼らは「経済の乾いた地」に住んでいる。

 

<思いついたとき記録すること>を忘れたら死ぬ。 忘れてしまうから「その考え」が死に、 行なえないから「肉」も「霊」も死んだ人のようになる。

<思いついたとき記録すること>を忘れたら死ぬ。
忘れてしまうから「その考え」が死に、
行なえないから「肉」も「霊」も死んだ人のようになる。

 

感動を受けたとき、「聖霊」が来られたのだ。 それなのに、その感動を拒否したら、 「損」をし、行なえなくて、結局「その仕事」が死ぬようになる。 だから、感動したとき、早速行ないなさい。

感動を受けたとき、「聖霊」が来られたのだ。
それなのに、その感動を拒否したら、
「損」をし、行なえなくて、結局「その仕事」が死ぬようになる。
だから、感動したとき、早速行ないなさい。

 

<御子中心>を忘れたら、 「自分の肉性の考え」だけが残って「肉」で行なうから、 「肉」も「霊」も死亡圏に行って死ぬ。

<御子中心>を忘れたら、
「自分の肉性の考え」だけが残って「肉」で行なうから、
「肉」も「霊」も死亡圏に行って死ぬ。

 

小さなことでも大きなことでも、 <自分が任された使命の価値>を忘れたら死ぬ。

小さなことでも大きなことでも、
<自分が任された使命の価値>を忘れたら死ぬ。

 

人間は人間だ。神ではない。 だから、100%完全ではない。 このことを忘れて人を100%信じたら、やられる。

人間は人間だ。神ではない。
だから、100%完全ではない。
このことを忘れて人を100%信じたら、やられる。

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟
PAGE TOP