労苦と努力なしに人生を安易に生きる人は、得るものがない。

労苦と努力なしに人生を安易に生きる人は、得るものがない。

「労苦と努力なしに人生を安易に生きる人」は、得るものがない。
2014年5月27日 明け方の御言葉より

 

今までの人生の中を振り返って
「労苦と努力をしました」
という時期は
その真っ只中にいるととても大変な時期だったけれども
過ぎてみれば
そこに得たものが確実にあり
「今の自分はその時が無ければ無かった」
と確信をもっていえます。

詩篇126篇 5節
涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。

これは慰めの言葉でも、一過性の言葉でもない、真実の言葉。

何も考えず、安易に生きて得るものはそれなりであり
途中でやめるものはそれなりであり。

逆に時には失敗しながらも深く考え
人知れず労苦と努力をする時は必ず裏切らない。

神様がそのようにこの世界を作ったのです。

神様の御心の道ならば
もがいた後にも
必ず道があるのです。

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟

関連記事

  1. 虚偽の報告と決裁と代価

  2. 限界を迎えたとき、乗り越えられる御言葉7

    限界を迎えたとき、乗り越えられる御言葉

  3. 夫婦仲でわだかまりがあり、親子の間でわだかまりになったものがあるのに、家族で一緒においしい食べ物を食べるからといって解けるでしょうか、一緒に水遊びに行って、思いきり遊ぶからといって解けるでしょうか。 もちろんその時は、その環境に浸って一緒に交わり、食べて、遊びます。 しかし「根本の心」は解けなかったので、家に戻って来たら、また心が合わなくて喧嘩をします。 おいしいものを食べても、一緒に交わって遊んでも、必ず「互いに対話」して解くべきことを解いてはじめて<和睦>が成されます。 -摂理 キリスト教福音宣教会 2016年7月24日 主日の御言葉より

    わだかまりがあるのに 家族で一緒においしい食べ物を食べるからといって解けるでしょうか

摂理ナビとは

摂理 キリスト教福音宣教会の公式・非公式問わず、発信しているポータルサイト。 「摂理の全てが分かる」リンク集・まとめも充実。

*当サイトに掲載されている全ては、著作権法によって保護されています。詳しくは当サイトの著作権についてをご一読ください。

摂理の概要

摂理はどのような宗教なのか?
摂理の概要はこちら

LINE

Blog更新情報お送りします!登録お気軽に!(^^♪
摂理の猫カフェLINE@

Taiwan Woman Soccer