過去に心的に肉的に苦痛を味わったことは・・・


「過去に心的に肉的に苦痛を味わったことは、それによって鍛錬し、錬達し、学び、悟るようにして、
そのような心で命たちを死亡から導き出すようにと、御子が計画的に味わわせた。」

 

 

摂理 鄭明析牧師 明け方の箴言より

 

━━━━━━━━━

 

 

その時のことを忘れないで、その時に受けた感動、その時に受けた心で、
その時に味わった地獄の苦痛を考えて話してあげて、自分自身も行なうことが必要だ。

 

そうしてこそ、得るべきものを得るし、得られないはずのことも得るし、希望をなし、成功することができる。

 

自分が身をもって経験し感じたとおりに決心し、覚悟をし、行なってこそ成功する。

 

 

 

苦痛も困難も坂道も無い人生は、ただ平凡になってしまう。

 

 

人間は絶対にタダでは生きられない
年を重ねるごとに分かる現実Σ(- -ノ)ノ

 

 

何か苦痛を味わったことも決して無駄ではない。

 

 

確かに、「あのことがあった」から、

 

同じ境遇の人の思いも分かるようになったし、必死になるようになった。

 

 

この「あのこと」っていうのは毎年、何かしら起こる。

 

それまでは分からなかったけれども

 

でも自分が経験してみて

 

「そんなことが起こるのか?!」

 

と初めて実感する。

 

 

自分の身に起きるか起きないかで、やっぱり大差がある。

 

人から話を聞いて理解は出来るけれども、実感というのはどうなんだろう。

 

自分の身に起こってからではないと、実感ってやっぱり出来ない。

 

 

その時になって悲しみも、虚しさも、寂しさも理解できるようになる。

 

 

よくNEWSで被害者の方々が

 

「同じ思いをする人が出ないように」

 

という話をよくされるが

 

それは本当に切実な真実な本心のはず。

 

 

私の身に起きたとてつもない出来事たちを思い返すと

 

「これは誰にも味わってほしくない」

 

と思う。

 

 

そしてそれまで理解で終わっていたこと、実感することができなかったことを

 

ちょっとだけ悔しく思ったりする。

 

 

だから

 

これを読んでくださっている人々の身に起きたこと

 

絶対に無駄にならない

 

 

二度と語りたくもないようなこと

 

決して無駄にならない

 

 

きっと誰かの為に

 

きっと自分の為に

 

それは生かされる

投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟
PAGE TOP