1/1-15神様の日ー神様に栄光を帰すとは?

silhouette of woman raising her hands

キリスト教福音宣教会全体が、1/1-15まで神様に栄光を帰す期間として過ごしました!
 
栄光を帰すとはなんでしょうか。
 
神様は、私たちが神様の心と御言葉を悟って認めるときに最高に大きな栄光になるとおっしゃいました。また、神様と主を忘れることなく、生活の中で各自のすべきことをしたなら、それが神様に栄光になるともおっしゃいました。
 
神様は、私たちが困難な中でも、出来ない中でも、栄光を帰したことを覚えてくださるとおっしゃいました。
 
この期間は特別に毎日、御言葉を聞き、神様に皆で讃美しました!平日も含まれていたので、学校や会社に行く人は、それぞれの隙間時間で御言葉を聞いたりもしました。
 
世界各国とも中継を繋げました。日本、台湾、韓国、アメリカ、マレーシアやベトナムなどの東南アジア、ドイツなどのヨーロッパ諸国、オーストラリアやニュージーランドなどなど、多くの人たちと共に神様に栄光をきせたことを心から感謝します。
 
新年最初、神様に喜んでもらえたらとても嬉しいです。このように一年365日、普段の生活に戻っても神様を忘れずに生きていきます!
 

旧約聖書 申命記32章3節
わたしは主の名をのべよう、われわれの神に栄光を帰せよ。

 

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次