詩「会う日」 鄭明析

「会う日」 鄭明析

今日は
会いたい顔たちに
会う日だ
誰が来るか
期待が膨らむ

互いに見たら
初対面で驚く
その瞬間
感激の表情
その考え
砲弾になる

平素思っていたのと
姿が差はあるけれど
命の道
一緒に行くようになったから
永遠な縁に
感激もした

瞬間の
出会いの時間に
見た顔
別れの時間になると
後ろ姿を
見せて去った姿と
経緯(いきさつ)が残って
心に希望の喜びと愛を
与える

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる