祈りー詩 私を敵のように思い 私を憎む人たち・・・


「祈り1」 鄭明析

私を敵のように思い
私を憎む人たち
飢えたら食べさせ
着る物がなかったら
着せてあげ
寝る所がなくて
さまよったら
泊まる所を
与えてください。
私を憎む人たち
多すぎて
裁いたら
ソドムの地になります。

敵から
ありとあらゆる
害を受けて
悔しく
無念でも
主のため
地のため
自分のため
敵のため
祈り
私が我慢して
天の仕事だけをします。

‐韓国で

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。
ですが、主と共に生きるのでお二人様。
  • コメント: 0

関連記事

  1. 摂理箴言‐時が過ぎてからしようとすると、運が尽きてできなくなる

  2. <悪>は「自分が義を実践」することで、なくなる

  3. 世の中が広いように、「あなたたちの心」も広くなければならない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA