私だけが行く道ー鄭明析牧師の詩

一日中
走って来て
止まるから全身が痛い。

 

座る間もなく次のコースが
足もとにあって触れる。
ため息
自然と出る。

 

いずれ行くべき道
行かなければならないが
命の道を行くとしても
うめき声
自然と出る。

 

幸いだ。
生きて
走り生きているから
死んだよりはましだ。

 

このコース終われば
次のコース
また待っているが
断らずに行く。

 

御子主
私を待っていて
私が来るのが遅いと言って
一人で出発するのか気をもむ。

 
2012年7月 チョウンソリより 鄭明析牧師の霊感の詩

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる