ブログ

石とまっちゃん~その5~♡の石

 

一週間ほどお師匠の故郷「月明洞(ウォルミョンドン)」に滞在していたが、様々な所で必ず目に入るのが「」の石だった。

今回、お師匠が故郷をたった1人離れてソウルに上京した時の心情を知りたくて、お師匠が育った故郷「月明洞」に行ったが、行くところ行くところにの石が出るわ出るわ・・・(* ̄□ ̄*;

 

(これでもかぁ~~~~!!)

 

・・って言うくらい、強調して神様が「💛」の石を見せて下さったように感じた。

 

山道の中、一日の間に見つけた石たち

↓  ↓

ハートの石2

手の平くらいのの石。

 

ハートの石3

反対向いたの石。

 

ハートの石6

暗い日陰にあったの石。

 

ハートの石5

明るい日向にあったの石。

 

ハートの石1

沢山の石にまぎれてこっそりあったの石。

 

ハートの石7

道端にポツンと一つだけあったの石。

 

ハートの石4

少しピンクかかったの石。

 

一日だけでもこんなにハートの石を見た。

 

今回、持って帰って来たのは、このの石!

何か、手書きっぽいの形が素敵で気に入った(´ω`★)

 

ハートの石8

ハートの形が手書きっぽくないですか??

ハート

@chicodeza.

 

ハートの石三昧で、

(あぁ、お師匠は「神様に向かう愛」ただ一つを持って故郷を離れたのだなぁ)

と思った。

 

お母さん、お父さん、兄弟に向かう愛情が誰よりも深いお師匠だからこそ、家族を置いて都会へ一人旅立つのは「断腸の思い」だっただろう。

 

そんな中でも、お師匠の背中を押したのは、「神様に向かう愛」だったのかな。

 

聖書の<コリント人への第一の手紙13章13節>にも、

もっとも大いなるものが愛である」とあるが、

最も大きな愛」である「神様の人類に向かう愛」を悟ったお師匠は、

神様の心情」を受けて、故郷を去り、一人ソウルへと行かれたのだろう。

 

また、「愛は全てのものを結ぶ帯だ」と聖書にあるが、

お師匠の教えて下さった「神様の愛」に出会って、

「真実に変わらない愛」の世界を知る事ができるようになった。

 

人の愛は限界があり、

変質もする。

 

しかし、

神様の愛」は「永遠に変わる事のない最高の愛」だ。

聖書にはこう書いてある。

 

愛は偉大であり、

愛は情深い。

 

妬むこともなく、

誇ることもなく、

自分の利益を求めない。

 

全てを信じ、

全てを望み、

全てを耐える。

 

愛はいつまでも絶える事が無い。

<コリント人への第一の手紙13章より抜粋>

 

 

<愛>が「真理」だ。

<真理で愛を行なうこと>が「真理」だ。

<愛>の中にすべてが入っている。

鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ www.god21.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP