私だけが行く道ー鄭明析牧師の詩

一日中
走って来て
止まるから全身が痛い。

 

座る間もなく次のコースが
足もとにあって触れる。
ため息
自然と出る。

 

いずれ行くべき道
行かなければならないが
命の道を行くとしても
うめき声
自然と出る。

 

幸いだ。
生きて
走り生きているから
死んだよりはましだ。

 

このコース終われば
次のコース
また待っているが
断らずに行く。

 

御子主
私を待っていて
私が来るのが遅いと言って
一人で出発するのか気をもむ。

 
2012年7月 チョウンソリより 鄭明析牧師の霊感の詩

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次