失望と希望ー鄭明析牧師の詩

「失望と希望」 御子

人間が
石や木にもおよばない

育て育てた人
愛もして
生きてきたが
期待が外れて
失望したから

これからは二度と
そんな人
そもそもいないように
石や木のように
選び
また選んで
やろう
私が選んであげよう

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる