「愛の器は どこにあるのだろう」器ー鄭明析牧師の詩

「器」 鄭明析

海の器に水を入れ
地の器に人々を入れて
生きるようにした

万物は形通りに
その器に入っている
器に入れなければ
存在できない

愛の器は
どこにあるのだろう
神の器は
どこにあるのだろう

創造主が探す
誰が分かって持って行って
神を入れ
愛を入れて
尊い器になれるだろうか

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる