主の体になるとは? 「主だけのために」ー鄭明析牧師の詩

「主だけのために」 鄭明析

私の肉体を
数十回も
死から助けて
今まで存在し

私の霊魂も
救って
生きているから

御子主のために
ただの一日も
欠かさず
愛して生きよう

主の体になって
ありとあらゆること
幸せだと思い
地球世界
すべての命
御子主の愛で
大事にしてあげ

この世の
すべての人々
永遠に
喜びのもと
希望のもと
救いの歴史
大歴史を広げて
生きていこう

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」
現在、キリスト教福音宣教会の教会である天運教会ヘブンズフォーチュンチャーチ(八王子市北野町)所属

りおのProfile自己紹介

キリスト教福音宣教会

目次
閉じる