主と一緒に実践する時、生きた信仰になる

イエス様がこの世に来られた時、どうして旧約の人たちが神様をよく信じていたにもかかわらず、「あなたがたの信仰は死んでいる」とおっしゃったでしょうか。

もちろん創造の堕落原理から見て神様との関係が切れているからでもありますが、新約聖書 ヤコブ書2:26のように行動ができなくて信じてばかりいたので「死んだ」と話したのです。

新約聖書 黙示録3:1以下を読んでみると、サルデス教会に「あなた方は生きていると言うが、実は死んでいる」と言いました。

イエス様を信じているが死んでいる。「なぜかというとイエス様を信じてさえいれば生きているということではない。その時代につかわされた方を信じるからといって生きたことではない。その時代に送られた方と一緒に実践する時、生きた信仰になる。」これが大きいんです。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉 1988年6月12日(日)主日礼拝

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。 ◆年齢:安室ちゃん、滝川クリステルさん、海老蔵さん、南キャン山ちゃんと同じ。   教会内のあらゆる役割を経験。 現在は、つくば市在住。教育関連事業。 好きなものは猫。 いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。 ですが、主と共に生きるのでお二人様。   【好きなもの一覧】 ◆食べ物:野菜、味噌汁、ガッツリ系、卵料理 ◆映画:踊る大捜査線、ナウシカ、ラピュタ、紅の豚 ◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナンなど(全てあげたら書ききれない) ◆ゲーム:初期ドラクエ、初期FF、ファイアーエムブレム炎の紋章 ◆芸能人:さや姉、まゆゆ、織田裕二、NON STYLE  ◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

関連記事

  1. 摂理の詩‐すべき時間

  2. あなたがその困難、患難を克服しながらできた経緯が一番貴重です

  3. 良い花と実―詩

    良い花と実―詩