主と一緒に実践する時、生きた信仰になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イエス様がこの世に来られた時、どうして旧約の人たちが神様をよく信じていたにもかかわらず、「あなたがたの信仰は死んでいる」とおっしゃったでしょうか。

もちろん創造の堕落原理から見て神様との関係が切れているからでもありますが、新約聖書 ヤコブ書2:26のように行動ができなくて信じてばかりいたので「死んだ」と話したのです。

新約聖書 黙示録3:1以下を読んでみると、サルデス教会に「あなた方は生きていると言うが、実は死んでいる」と言いました。

イエス様を信じているが死んでいる。「なぜかというとイエス様を信じてさえいれば生きているということではない。その時代につかわされた方を信じるからといって生きたことではない。その時代に送られた方と一緒に実践する時、生きた信仰になる。」これが大きいんです。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉 1988年6月12日(日)主日礼拝

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 野菊-詩
  2. 人の生-詩
  3. 何を行なうべきだろうか。神様が主を通して教えてくださったことだ。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
PAGE TOP