「三位」を中心にして「自分が好きなこと」を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様も「各自自分の好きなこと」を個性に従って、ふさわしければ、お任せになる。

自分が好きなことを見たら、そのことに「自分の素質、才能」もあるから好きなのだ。

ただ「三位」を中心にして「自分が好きなこと」をしなさい。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

*三位:神様 聖霊様 御子

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。
ですが、主と共に生きるのでお二人様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 聖書は神様の御言葉
  2. あなたはあの天の門をたたきなさい。そうしたら全てが解決できる。その門は根本者、エホバ神様でいらっしゃる。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  3. <体>で数か月かけてやらなければならないことであれば、<機械>でやるほうが知恵だ。 <神様と聖霊様と御子がなさること>は「機械」ですることと同じだ。<人間自ら>やろうとしたら、「自らの体」で大変な思いをして、数か月もかけてやらなければならない。だからどれほど知恵がないか。 時間がないから、「自分の体で汗を流してやるべき時」ではない。祈って「神様と聖霊様と御子の働きかけでやるべき時」だ。 時間がないのに「自分の力と能力と努力」でやったのでは、ちゃんとできないし、遅くて、やっても失敗だ。 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
PAGE TOP