鄭明析牧師の詩~待つこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「待つこと」 鄭明析

陽が沈み
夕焼けが
染まるのに

帰っていた人も戻り
帰るべき人も帰ったのに

詩の人だけが来なくて
窓を開けて待っています

わが愛
詩の人は
夕暮れの前に
現れそうだ

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。
ですが、主と共に生きるのでお二人様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. その方を想う―詩
  2. いつも感謝する人は、いつも種を蒔く農夫と同じで、刈り入れるものがいつもあって、いつも倉庫が満ち溢れる。 ー摂理の箴言より
  3. 年末-詩
PAGE TOP