相手を嫌う気持ちがある時は、自分の間違った心のとおりに判断する

<自分の心と考えの性能>が非正常だとか、悪感情がある時や、相手を嫌う気持ちがある時は、自分の間違った心のとおりに判断する。
だからその話を聞く人たちもその影響を受けて、同じく間違ったとおりに見て感じて判断するようになる。

各自「視力」が違うように、「心と考え」が違う。自分の目でもう一度見て、自分の考えでもう一度見なさい。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。 年齢:安室ちゃん、滝川クリステルさん、海老蔵さん、南キャン山ちゃんと同じ。 教会内のあらゆる役割を経験。 現在は、つくば市在住。教育関連事業。 好きなものは猫。 いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。 ですが、主と共に生きるのでお二人様。 好きなもの一覧 食べ物:野菜、味噌汁、ガッツリ系、卵料理 映画:踊る大捜査線、ナウシカ、ラピュタ、紅の豚 漫画:キャプテン、スラムダンク、コナンなど(全てあげたら書ききれない) ゲーム:初期ドラクエ、初期FF、炎の紋章 芸能人:さや姉、まゆゆ、織田裕二、NON STYLE  スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

関連記事

  1. <よい方に考え>れば「天国」になり、<悪い方に考え>れば「地獄」になる。

  2. 天が私に期待する

  3. 褒めること

    褒めること