ある仕事をする上で「核心一つ」さえ分かれば成功する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある仕事をする上で、その仕事は「ゆっくり」やればいいとしよう。他のことはよくできているが、「その仕事がうまくいく方法と核」が分からなくて駄目だった。

材料と技術がすべてあるからその仕事ができるのに、「速くやりすぎて」ちゃんとできなくなってしまった。「ゆっくり」やったなら、食べ物も火が通り、果物も熟し、仕事もちゃんとできた。
これと同じく、ある仕事をする上で「核心一つ」さえ分かれば成功する。

-摂理 キリスト教福音宣教会 御言葉より

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. その方を想う―詩
  2. 誰もが自分のことは必ず自分がやらなくてはならないように、私が他の人に仕事をやらせることもできるが、そうしないのは、私の仕事は私がやらなければならない責任分担があるからだ。だから大変でも自分でやるしかない。 1999年2月21日 -摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より
  3. <神様の考えで行なう人>は、「すでに開(あ)いている天然の洞窟に入っていく人」と同じだ。だから易しく順理的に行なう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP