どうして祈るべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祈りの必要性

祈った分だけ、必ず得るようになります。

 

祈れば、普段考え、思い浮かばなかったことがくっきりと浮かんできます。
だから行う力、それを実行する力をもらい、どのようにしたらいいかという構想をもらって行うようになります。
祈れば、神様と通じなかったことも通じるようになります。
祈れば、肉体も心も脳も魂も霊も変化が起こります。だから一層、御言葉通りに行うようになります。

 

祈ってこそ、サタンが誘惑できず、悪人たちが惑わしても心が引っ張られていきません。
祈ってこそ、御言葉を深く聞くことができます。

 

祈ってこそ、過去、どれほど正しく生きられなかったのか分かるようになり、神様が助けともになさることを分かるようになり、神様の心を切実に悟るようになります。
(2013年8月11日の御言葉より)

 

投稿者プロフィール

RIO
東京都出身。高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早21年。教会内のあらゆる役割を経験。
現在は、つくば市在住。教育関連事業で邁進中。
好きなものは猫。
いわゆるお一人様(^^)/ 独身貴族。
ですが、主と共に生きるのでお二人様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP