交通事故から神様が守ってくださった証

私が長年、原付や車を運転しながら、あと一歩で交通事故になるところだったという話。

目次

原付バイクで階段から落下

ある雨の日。私は短大に行く途中、遅刻しそうでした。
「こっちから行けば近道かもしれない」
よせばいいのに、この日に限って違う道、行ったことも無い新しい道を選んでしまったぁーーー。

「ここの道だ!」

選んだ道は。
階段でした。

もちろん、階段だということは分かっていませんでした・・・。雨で視界が悪く、階段だと気づいた時には階段を原付で駆け下りていました。(この時点で死にそう)

イメージはこんな感じ。

住宅街の階段を上から10段ほど、原付で駆け下りてしまったのです

階段の途中でなんとか止めたのはいいものの。(よく止まったな)

かなり長い階段!下に降りることもできない。どうにか上まで戻さないといけない。
でも物凄い重い原付を支えてるだけで精いっぱい。
手が痛い、手を離せば原付が落下して誰かにぶち当たってしまうかもしれない。
どうやって上に戻せばいいんだ。
雨で平日昼間。誰も通らない、助けを求められない。

頭の中でこの考えがぐるぐる。その後、なんとか自力で原付を階段上まで戻しました。

原付バイク 車との正面衝突回避

この日も短大からの帰り。
何を思ったか、住宅街を爆走。
曲がり角で、軽トラが出てきました。

「衝突する!!」と思って急ブレーキ。

目を閉じてあけたら、目の前に軽トラが・・・。
あと1メートルで衝突するところでした・・・。

車で小学生にぶつかるところだった

住宅街をゆっくり走っていたときのこと。
この速度が運命を分けることになりました。

突然、自転車で飛び出してきた小学校高学年と思わしき男の子。
男の子は全く左右を確認していませんでした。

急ブレーキを踏んで衝突回避。私は呆然としました・・・。もしかしたら男の子をひいてしまいかねませんでした。

男の子の後ろを同じく自転車で走っていたお母さんが、大慌てて呆然とする私の元にきて、「大丈夫ですか?!すいません!!」と。

私は言葉すら、ちゃんと発することができず・・・。

この時、本当にゆっくり走っていて良かったです。。。

他にもいろいろ

中学生のときに車にはねられたりもしました。

あわせて読みたい
交通事故で車にはねられたー通学路のT字路 中学生の時 昨日、小学生の列にトラックが突っ込んだ痛ましすぎる交通事故が起きました。 亡くなられた小学生2名の子達に、心から心からお悔やみ申し上げます。 今日は私が中学生...

他にも
鬼門と言ってもおかしくない<夜の首都高>で交通事故にあわずにすんだり

あわせて読みたい
夜の首都高で事故にあわずにすんだ瞬間とは 首都高。 それは、全てのドライバーの鬼門といってもいいかもしれない。 (首都高を普段から利用している人、除く?)   そんな私が、かなりの頻度で 首都高を朝も...

あとちょっと早く出ていたら中央道での交通事故に巻き込まれていたかもしれなかったり

あわせて読みたい
高速通行止めレベルの大事故ー中央道 本日、交通事故3連発。最後は高速通行止めレベルの大事故。 今朝、中央道で一件目。順調なはずの土曜に事故か! と思いつつ、府中でおりて高井戸まで下道。 首都高に戻...

繰り返しですが車の交通事故は日常茶飯事なので、ギリギリのところで神様が守ってくださってるのと、私の周りのドライバーさんが安全運転してくれてるからゆえに、技術もさほどない私はなんとか守られています。

神様にも感謝、そして周りのドライバーさん達にも心から感謝です。

自分がいくら気を付けていても、交通事故に巻き込まれたら終わりですから、周りのドライバーさん達に恵まれていることを神様に感謝です(><)

しかし、私自身も明日は我が身。交通事故にあわない保証はないから油断はできません。
感謝しつつ、引き続き気をつけます!

旧約聖書 詩篇57篇 9節
主よ、わたしはもろもろの民の中であなたに感謝し、もろもろの国の中であなたをほめたたえます。

旧約聖書 詩篇 107篇 1節
「主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる