スポーツサークルから見る入会と継続と退会の話

phm26_0070-s

 

桜も咲いて、いよいよ新年度が始まります。

これを機に、何か新しいことを始めてみよう!という方も多いのではないでしょうか?

 

新しいことと言えば、スポーツが代表的にあげられることの一つですが、今回はこれをテーマに書かせていただこうかと思います。

 

最近はまわりでもサイクリングやランニングを日常的にしている人も目に見えて増えてきましたし、健康的な生活に向かおうという流れはあるようです。しかし、スポーツを都内でやろうと思っても、都内ではスポーツを日常的にできる空間自体がなかったり、日中は時間がなかったりすることから、スポーツクラブに加入しようとする人が現実的には多いように見られます。

(Yoshiの住む区でも、公園でサッカー禁止と出されているくらいで、子供達(大人達も!)が日常的に運動する場が非常に制限されている環境です)

 

実際、夏に向けてダイエットでも、、、とスポーツクラブに入会する方も統計的にはこの時期が一番多くなっているそうです。

 

しかし問題なのは、いざ入会したとしても、半年で60%の方が退会するという事実。つまり長期的に継続して利用してもらえていないという課題を抱えています。

 

スポーツクラブとしては、会費制のビジネスモデル、つまり、「(有料)会員が多くいれば儲かる」という収益構造であるため、在籍者の約3割は会費だけを支払ってクラブには来ない幽霊会員達も収益を支えていたりするため、スポーツクラブとしてはいかに多くの会員をかき集めて、少しでも長く(有料会員として)在籍してもらえるか、ということに追われていて、根本的には解決策をまだ持てていないというのが現状のようです。

 

街中で「まずは入会しませんか!(はじめはタダでいいので、、)」といって入会無料キャンペーンを行って、まだまだ敷居の高いスポーツクラブにまず足を踏み入れてもらって、その上で良いと思った人達だけが実際には残ってもらおうと頑張っている姿をよく見かけますが、本質的には、「入会した人達をいかにケアするか」という部分にもっと力を入れてもいいのかなと個人的には感じています。

(※注:とはいえ、多くのスポーツクラブは会員さんが残れるようにあの手この手で頑張っていらっしゃいます)

 

Yoshiも以前スポーツクラブを相手に仕事をしていたり、個人的にもいくつかのスポーツクラブに通っていたので、スポーツクラブにはそれなりに愛着を持っていますし、頑張ってほしいところですが、この継続性という部分は根が深いなと感じています。

 

スポーツクラブに限らず、他の会員制ビジネスでも同じようなことが当てはまります。英会話などもその最たる例ですよね。

 

継続するには何をすべきか。

 

このことを解く一つのキーワードが、「はじめの感動を忘れない!」「常に新しく!」という考え方かなと思います。

 

何事も始めるときはモチベーション高くできると思いますが、こなれてきたりすると、どうしても継続しようという気持ちは薄くなってきます。

 

摂理においても、神様を信じてみようと御言葉を学ぶ人達は多いですが、長く摂理にいる方達を見ると、御言葉を実践しながら、いつも明るく新しい気持ちで取り組んでいる姿を見ることが多いです。

 

私たちに御言葉を教えてくださる鄭明析牧師は、その才能が非常にあるようで、最近聞いた話では、神様に感謝すべきことがひとつあったそうなのですが、そのことを1ヶ月間続けて感謝し続けたのだと聞きます。

聞くと、切に祈り、求め続けたからこそ、与えられたときに感謝し続けられるのだなと学びました。

 

新しく物事をはじめることが多いこの時期、最初から最後まで熱い思いを持って続けられる何かが見つかることを願います!

 

P.S.

ちなみに、スポーツクラブを続けている方達で最近増えているのが、健康増進で入会された高齢者の方々なのだとか。

コミュニティスペースのようにスポーツクラブへ集まっては、楽しく過ごされているようです。

このように、常に楽しい気持ちを持ち続けられる場こそが、継続のための第一歩なのでしょうね。

 

Yoshi

 

投稿者プロフィール

yoshi
東京在住。早稲田大学卒。
学生時代はバックパッカーとして海外に行く機会が多くあり、そこで信仰を持たない日本の方が世界で見れば特殊な国なのだと気づきました。
縁あって社会人になってから摂理に出会うようになり、楽しく過ごしています☆今は奥さんと2人で信仰生活を送っています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京在住。早稲田大学卒。
学生時代はバックパッカーとして海外に行く機会が多くあり、そこで信仰を持たない日本の方が世界で見れば特殊な国なのだと気づきました。
縁あって社会人になってから摂理に出会うようになり、楽しく過ごしています☆今は奥さんと2人で信仰生活を送っています!

【NEW漫画公開中!】大切な人の為、命を差し出すことが出来るか?ーチキュリア

画像
目次
閉じる