摂理人生奮闘記、私に出来るのは主を呼ぶ事だけ^^

年末年始の挨拶もままならないまま、今日を迎えてしまった

摂理好きチーナです^^。人生、時にはこういう時もあるんやろうね。

本当に、

「一瞬先の事も私には分からんな~」と実感中です。

 

12月半ばから、親戚の一人が体調を崩しました。

私が医療人で、個人的に負担なく関われるために、

看病をする事になりました。

 

思った以上に、体力も精神力も使ったのですが、

なんとか山を越えてくれて、

「新しい年が来たんだな~」と、

やっと今、年明けを感じ

温かいお茶を飲みながらPCに向かっています^^

 

愛する人が元気な姿が一番です。

本当に。

 

この2週間、必死すぎて、

若干疲労もたまりましたが、

職業病でしょうか、回復の兆しが見え、

美味しそうにご飯を食べている姿を見られるようになっただけで、

私も元気になります。

 

本当によかった^^

教会に行って、

ゆっくりお祈り出来る時間は少なかったのですが、

神様は全てご存知で、

いつも助けて下さいました。

 

もうダメかもしれない……なんて、力を失いかけた私に、

一番力を注ぎ、諦める事ではなく、

最後まで行う精神力を沸かせて下さったのは、

主でした。

 

「神様、聖霊様、御子、主よ、

御心なら、この祈りを聞いてください。

主よ助けて下さい。

主よ助けて下さい。

主よ助けて下さい。」

 

神様を信じて疑わない私でも、

親戚の症状が悪化しているように見えた 最初の3日間は、

もしかして、この祈りは届いていないのかな…

私が間違っていたのかな… 私が信じていたのは一体……

 

ほんの一瞬でしたが、

一瞬でも近くにいらっしゃる主には申し訳ない感情が沸くほど、

自分の精神力とも戦う日々でした。

 

このまま死んでしまうのではないか、と恐怖が沸いたからです。

誰にでも寿命はあります。

その寿命は、神様だけがご存知だと思うのですが、

 

私の親戚がこのまま死ぬのは、寿命や神様が定めた運命ではない気がして、

このまま死んでしまっても

「私はその死を受け入れられない」

「主よお願いします。主よ守って下さい。主よ守って下さい。主よ守って下さい。」

 

違う表現もあるかもしれませんが、

本当に怖かった。怖くて涙が出ました。

 

お祈りらしい、お祈りも出来ず

ただ「主よ、主よ、主よ…」と目に涙をにじませて、主を呼ぶ事しかできませんでした。

 

 

あの日から、約2週間。

今、振り返ってみて、

「生かされているんだな…」

「神様が本当に守って下さったのだな…」

 

あの恐怖は、私にとって一種の悪夢のようでしたが、

それも過ぎ去って、

今は新しい年、2016年になっている。

あぁ、私の事も守って下さったんだな……と、

ホッとしたのと、

感謝の心で涙が溢れます。

 

守って下さった主に感謝します^^

 

壮絶な、年末年始。

2016年がどんな年になるのか、

本当にタ・ノ・シ・ミ(*´▽`*)w
讃美を聞きながら、温かいお茶を安心して飲める時間が、

こんなにも幸せだとは。本当に感謝ばかりです^^ 摂理JAPANより

[摂理メドレー]愛の実、聖霊の実、感謝の実#韓国語  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PAGE TOP