西郷どん、明治維新を切り開いた精神のルーツを探れ!

こんにちは、タイム博士です。

 

幕末の英雄を輩出した薩摩藩

2018年の今年の大河ドラマは「西郷どん」。幕末の中心人物として活躍し、明治維新を切り開いた西郷隆盛を主人公とした作品です。幕末はちょうど日本に黒船が来航し、日本が大きな変化を求められた時でした。多くの情報や思想が飛び交って混沌とした中、諸外国に通用する新しい日本を夢見て立ち上がったのが西郷隆盛(図1)です。

図1. 西郷隆盛
(エドアルド・キヨッソーネ作の版画)

西郷隆盛は薩摩藩の出身です。薩摩藩では、西郷隆盛のほか、大久保利通、小松帯刀、島津斉彬など多くの人材が輩出されました。彼らの活躍なくして、日本が明治という新しい時代を迎えることはできませんでした。

しかしなぜ、薩摩藩からそのような人材が多く輩出されたのでしょうか? 今回は西郷たち薩摩藩のルーツを探ってみたいと思います。

 

薩摩藩のルーツ、島津家

時は戦国時代、薩摩藩を導くのは島津家でした。群雄割拠、実力がものを言うそんな時代に、島津は織田信長と同様に当時最新の武器であった鉄砲の有能さに気づきました。そして鉄砲を用いた必殺の戦略※1を編み出し、九州の大名を次々と撃破し、その頭角を現していきます。惜しくも豊臣秀吉には敗れはするものの、秀吉に敗れるまでに島津は九州地方を統一することに成功しています。

このように戦国時代から実力のあった島津です。その中でも特に島津の名が日本の歴史に刻まれたのは天下分け目の戦い、関ヶ原の戦いです。

関ヶ原の戦いで、西軍の石田三成と東軍の徳川家康が激突しました。そして、三成は家康に敗れてしまい、三成についていた多くの武将が領地を没収されることになります。このとき、島津は三成の西軍に参加していました。しかし、この島津は三成側についていたにも関わらず、領地を取り上げられることはありませんでした。なぜ、島津は家康に敵対しながらも領地を没収を免れることができたのでしょうか?

その答えは、実際に当時の経緯(いきさつ)を見てみましょう。

 

死中に活を得る、島津の退き口

関ヶ原の戦い、最初は三成率いる西軍が優位に動いていました。しかし、家康を恐れた小早川秀秋の裏切りにより、完全に形成は逆転。三成の軍隊は次々と崩れていきます。小早川の裏切りによって三成の敗北は決まりました。そして同時に、西軍についた島津は二つの選択を迫られるようになりました。

撤退するか、最後まで抗うか

撤退するにしても、抗うにしろ、島津の周りは完全に家康の軍隊で囲まれています。まさに四面楚歌、身動きの取れない本当に難しい状況でした。当時の島津の棟梁である島津義弘(図2)も戦場で静かに座して熟考しました。彼の判断によって、島津の運命、未来の薩摩藩の運命が決まるからです。

図2. 島津義弘像(尚古集成館蔵)

そして、熟考した結果、義弘は一つの決断を下しました。

「島津は撤退する!!」

義弘は関ヶ原からの撤退を決めました。義弘が率いる1500名の島津軍は、家康の軍隊数万がひしめく関ヶ原からの撤退を図りました。しかし、彼らが逃げる方向は家康のいない西ではありません。島津が撤退すると決めた方向は東、すなわち家康率いる本隊のいる方向に向かって義弘は撤退を試みます。
もちろん、家康軍が島津の撤退を許す訳がありません。撤退しようと向かってくる島津軍に対して猛追しかけてきます。この戦いは熾烈(しれつ)を極めました。

その結果、島津軍は1500名の軍勢が80名に減り、義弘自身も甥の豊久を失うと、大きな犠牲を払うことになりましたが関ヶ原の撤退を成功させました。敢えて敵陣に切り込んで撤退する、この大胆な島津の撤退ぶりに家康も島津に対して恐れを感じ、島津に手を出しませんでした。こうして、島津は関ヶ原の戦いで西軍につきましたが、その領土は守られるようになりました。

まさに死中に活を得るこの戦いを島津の退き口と呼ばれるようになりました。

 

島津の精神、より良い未来のため

このように島津は多くの犠牲を払いながらも徳川に立ち向かっていくことで島津の領土を守ることができました。歴史にIFはありませんが、もし義弘が西に向かって逃げていたらどうでしょうか?

これは私の予想ですが、島津の土地を家康によって奪い取られていたでしょう。理由は、家康としては恩賞としての土地を確保するために多くの土地を確保しておきたかったからです。現に、領地を没収しないとうことを約束に戦わずして降伏した毛利(後の長州藩)は、家康に容赦なく領地を没収されています。

敵に背を向けて撤退したら島津の未来はない。

そう義弘は考えたからこそ、苦労したとしても島津の未来がある徳川のいる東側のルートでの撤退を決断できたと思われます。現在だけを見ると落胆しかねない状況でしたが、より良い未来のために労苦を惜しまないこと。これが島津義弘の精神、薩摩藩の精神のルーツではないでしょうか? そして、この精神は代々受け継がれていき、先述した西郷隆盛や大久保利通といった幕末の英雄を薩摩藩が生み出す土台になったと私は思います。

 

今の時代も希望を持って生きよう

まとめに入ります。聖書にはこのような記載があります。

それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだすであろう。(マタイによる福音書16章24~25節)


この聖句はイエスが自分が十字架に掛かることを告げた後に伝えた弟子たちへの教えであり、遺言のような願いでした。この後、イエスはユダヤの宗教人の迫害によって十字架に掛かって殺されてしまいます。

そして、イエスが殺されても迫害の手は止まらず、弟子たちを襲います。しかし、イエスの弟子たちは怯むことなくイエスの教えを伝えていきます。イエスの一番弟子であるペテロは逆さ十字架につけられても、ヨハネ(図3)はパトモス島へ島流されてもイエスの教えを叫び伝えました。迫害される現実だけを見ては叫び伝えることができませんでした。イエスの教えが全世界に伝わる未来を思い描きながら叫び伝えました。恩師の十字架の死を無駄にはしまいと、信念を持って叫び伝えてきました。

こうした彼らの血と涙の犠牲の上に、今ではキリスト教が全世界に広まるようになりました。


図3. 福音記者ヨハネ(画:エル・グレコ)

困難を切り開いてきたこうした偉人たち。彼らの行いは、実は現代を生きる我々にも通じるものがあるのではないでしょうか。

発展してより複雑になっていく現代社会、時として答えがあるのか疑問に思う状況は西郷たちが直面した黒船の時代に似ているとは思いませんか。現代を生きるのは本当に難しく、時として膝をつくこともあるかもしれません。そんな時に、イエスの弟子、島津義弘、そして西郷たちがより良い未来のために勇気を持って時代を切り開いたことことを思い出してください。きっと思いもしなかった活路が見いだせると信じます。

現在だけを見ると落胆するから、未来を見て希望を持って生きよう。

今日はこの一言を持って、コラムを締めくくりたいと思います。

※1:釣り野伏せ。相手と対峙した際にわざと逃げて相手を湿地帯など身動きのとりにくい場所に誘き寄せる。そして、誘き寄せたところで、密かに隠しておいた兵で相手を囲い込んで一網打尽にする戦法。

投稿者プロフィール

タイム博士
タイム博士
東京大学大学院を修了し、メーカーの知的財産部で勤務。

歴史とラーメンをこよなく愛するナイスガイ。

友人に最高の歴史書として聖書を勧められて、読んでみるも最初は全然分からない(>_<)

しかし、諦めずに7年間学ぶと、実は聖書の話を通して生活の知恵を得られることに気づく!

趣味の歴史を通して、聖書の実質的な世界を感じていただければ幸いです♪

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP