神様を知ってスッキリしたこと

青年部女子まいですヽ(・ω・ )ノ

優等生街道を歩んできたまいさん

「賢いねぇ」「しっかりしてるねぇ」と、
まわりのオトナから褒められることは
たくさんありました。

幼いころは素直に
うれしい気持ちで受け止めてましたが、
大人になるにつれて、
むずがゆくなってくるものです。

うれしい反面、
「ここは謙遜しなくてはっ……」という
日本人的アイデンティティーが
芽生えてくるのですね

けど、
せっかく褒めてくださったことに対して、
「そんなことないです!」というのも
失礼なように思います。

どうしていいかわからずグルグル
 

摂理に導かれて、
神様を正しく知れたことで、
そういう気持ちがスッキリしました。

自分がこのような個性を持って
生まれたこと、
さらにそれらを
成長させる環境を与えられたこと、
すべては神様がしてくださったことです

以前にも、人間の個性や才能は、
神様からの愛のプレゼントだと
書きました。
 

そうして神様がくださったものに対して
言われてるのだから、
自分が恥ずかしがったり卑下することは
ないのだと気づきました。

評価してくださったら、まず最初に、
すばらしい祝福をくださった神様に
感謝を捧げます

そして自分のがんばりもあったなら、
自分のことも少し褒めてあげます
 

鄭明析先生が、神様について
正しくはっきり教えてくださったから、
人生のすべてのモヤモヤが
スッキリするようになりました

毎瞬間、
神様への愛と感謝を忘れずに……
 

摂理・鄭明析牧師の明け方の御言葉

神様が人間を個性どおりに美しく神秘的で霊妙に創造なさったが、
個性どおりに創造なさった神様に栄光を帰さず、
神様を信じず、愛さないことが「罪」だ。
(摂理・鄭明析牧師の明け方の御言葉)

画像元:Mannam&Daehwaより
 

HPL(幸せ摂理女性)☆まい

投稿者プロフィール

まい
慶應義塾大学卒、
都内出版社勤務のアラサー。
甘いものとデジタル機器が大好物(*´∀`)
いつも楽しく主と讃美♪
PAGE TOP