7日目のモルドバ

チェギヤ
今日はいつも笑顔のSさんと打ち合わせ。
お土産に英語版日本語教科書とお菓子を渡しました。
打ち合わせの前に、まずはカンペー(乾杯)ではないけれど、
ヒロシマのために、ということで、哀悼(condolence)を込めて、
CVASという麦から作ったノンアルコールを飲みました。
こちらの人たちの心遣いには頭が下がります。
これは僕らのために用意してくれたお菓子
R0014106.jpg
お土産に、はちみつと手作りジャムを頂きました。
正午が過ぎて打ち合わせが終わり、アパートメントへ。
途中にあったANDY’S PIZZAでランチ。
andy2.jpg
今日は、バーガー。50Lei(350円くらい)結構おいしかった。
andy.jpg
事務所に戻ったけれど、S社長に連れられて食堂へ。
ワイン、スープとママリーガ(モルドバ料理)。
結局、2回目のランチ。
ちょっと仕事をして帰宅。
買い物をしてから教会を通って帰りました。
R0014109.jpg
昼の暑さがこたえて、今日は疲れました。ふ~
サランヘ

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。
PAGE TOP