8月19日 小旅行

8月19日(日) 快晴  気温15度
チェギヤ
今日は、Excursion(小旅行)に誘われ、Florestiにあるリンゴ園に行ってきました。
午前11時。
キシナウから車で1時間半。
100km北にある地方の村へ出発!
小さなセダンに乗って、いつも笑顔が素敵なSさんとそのご主人、そして息子さん+我々2名。
ガタガタ揺られながら北へ向かいました。
Orheiを通って、更に北へ。
この時期は、道端のあちこちでWater melon(スイカ)を売ってます。
R0014141.jpg
そして、あちこちにひまわり畑ととうもろこし畑。
ひまわりは主に油を取るため。
といっても、今年はDrought(干ばつ)で3割くらいの高さにしかなっていません(涙)
R0014146.jpg
R0014200.jpg
今、アメリカでも干ばつだけど、東欧でもかなり深刻。
特にモルドバは山がないからWater reserveができないんだよね。
農業国モルドバは、かなりきつい2012年です。
ぴったり1時間半。
女性オーナーが経営する巨大なリンゴ園に到着。
ここでは、モルドバで見たことのないような立派なリンゴがなってました。
というのも、全部、ロシアに輸出されちゃうから、モルドバでは買えません。
R0014156.jpg
R0014168.jpg
りんごをかじりながら、農園を見学し、ランチ会。
今日は、Religious day(キリスト教の特別な日)ということで、
聖母マリアのChange on face(意味はわかりません)で、花をプレゼントしたりするみたい。
R0014191.jpg
地元の人が作った豚肉の燻製、鶏肉など。美味しかった~
R0014193.jpg
R0014195.jpg
R0014194.jpg
これは誘ってくれたご夫婦が買っていったお土産のケーキ。
R0014196.jpg
何より、野菜がおいしいのがモルドバ!
R0014197.jpg
ゆったりと過ぎる時間。ONとOFFをきっちり分けて、思いっきり会話を楽しむ人たち。
といっても、政治やビジネスの話が9割。
片田舎の農場食堂でのんびりした食事会。ごちそうさまでした。
2時前に始まった食事会も、気づくと6時近く。
ランチ会がそのまま夕食会になり、そろそろお開き。
モルドバの人は、政治的にも民族的にも複雑な歴史があるから、みんな真剣に語り合いました。
お別れに記念撮影。この人は地元の村長さん。
さて、何歳でしょうか?
R0014199.jpg
はい、私と同い年です。
こんなにも違いがあるのか!!
午後6時30分。
ようやくお別れを告げて、帰路につきました。
牛たちもどんどん家に帰っていきます。
R0014211.jpg
仕事続きだったので、こういう旅も良いリフレッシュと勉強になりました。
R0014212.jpg
さて、あと1週間。
サランヘ

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。
PAGE TOP