10月4日 カーペット工場訪問

10月4日(木)     天気:快晴    気温:20℃
チェギヤ
久しぶりのアップです。
しばらく、Rural area周りが続いておりました。
午前8時30分 実質最終日ということで、午前中は整理の時間
午後12時 運転手さんが迎えに来て、ランチを摂った後、キシナウから西北西110キロ離れたUngheni市へ。
田園風景広がる道を時速100キロで飛ばし、90分かけて到着。
R0015274.jpg
市長さんと面談した後、モルドバで最大規模を誇るカーペット工場へ。
R0015282.jpg
これは旧ソビエト時代に使われた第一号のカーペット織り機
R0015286.jpg
羊毛からカーペットで使う糸?を作るところから始まり
R0015302.jpg
いろんな工程を経て
R0015304.jpg
カーペットが出来ていきます
R0015310_20121005205822.jpg
カーペットって、なんで毛が立っているんだろうか?と思っていましたが、
実は、糸を二枚でサンドイッチして、それを真っ二つにカットしているだけでした。
R0015332.jpg
考えた人はどれほど頭が良い人だったのか!と感激しました。
なぜ、訪れたかというと、消費電力の削減に何か提案できないかということでしたが、
途中、工場が停電になり、、、
なること、だから節電が必要なのか!と納得。
午後9時 市長さんと副市長さんと食事が終わり帰路に着きました
サランヘ

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。
PAGE TOP