<Pick>ハイデラバード(パキスタン)ー海外の仕事は大変です

<2014.02.28 に書かれた記事です>

February 27, 2014 Weather: Clear Temp: 25 degC
ハイデラバード(パキスタン)の朝は停電から始まる。

朝4時に起きたら「しまった、やるべき仕事をしないで寝てしまった」。
急いでお祈りし、ベッドの上で作業をスタートした。

毎朝、5時過ぎると1時間半くらい計画停電で、部屋は真っ暗。
iPhoneの懐中電灯で目に悪いとわかっていながら、仕方なくプロポーザルを修正。
7時前に外が明るくなった頃、ようやく完成し、日本に送る。

8時に出るから、部屋で急いで朝食をとる。
R0019506.jpg
(まさか、この食事で一日苦しむことになるとは、その時私は知る由もなかった・・・見るだけでも吐き気がする・・・)
チェックアウトして、現地に出発。今日は現場を踏査する日。
R0019564.jpg
どこもこんな感じで、地面は石灰岩。ここはインダス川から1kmくらいのところ。
水牛の散歩です。
R0019565.jpg
こちらは、ドンキー君。あちこちで見られます。
R0019570.jpg
このあたりから、なんか朝食べたカレー(昨夜のレストランの残り物)が嫌な気持ち悪さを主張してきた。

そして、1時間くらいたって、荒野を元気に歩いていたら、さーっと血の気が引く感じがし、
急いで車に乗り込んだけれど、冷や汗と呼吸の乱れ、気持ち悪さ・・・
そのうち、吐き気がして、(古いものを捨てなければ)と思ったけれど、そのまま我慢。。

 

ああ、あのマトンカレーか、、、食あたり、、、か。アイゴー
後は調査にならず、車で寝るに寝れず耐え忍び、戻すに戻せず、カラチに帰るまで、耐久4時間レース。
そのうち、腸に落ちてきて、神様を呼ぶしかない状態でした。

ああ、やはり神様しかいないんだな、頼れるのは!!と悟り、ホテルの直前の渋滞で冷や汗をかき、
奇跡的に午後5時過ぎ、ホテルに到着。
トイレで古いものを捨てて、「ああ、天国だなあ」と感謝しました。

神様を信じていると、本当に助けてくだいますね。ハレルヤ
やはり、海外は大変かも。トイレは途中ないし、かなりチャレンジングです。
体からカレー臭?が漂っているような。

3500ルピー(3500円)のGuest Houseと12,500ルピーのホテルはやはり違います。
トイレも布団も。。。

今は正露丸を多めに飲んで、時々くる腹痛の波を鎮めながら、静かな夜を過ごしています。
そろそろ折り返し地点、日本は花粉がすごいころでしょうか。

みなさん、体調にはくれぐれもお気を付け下さいませ。
お祈りありがとうございます。

普段訪れる機会が少ない国で、国際協力の仕事を力の限りしたHiroshiの日記はこちら

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。

関連記事

  1. パキスタン4日目

  2. 現地調査

  3. イスラマバードにて

摂理ナビとは

摂理 キリスト教福音宣教会の公式・非公式問わず、発信しているポータルサイト。 「摂理の全てが分かる」リンク集・まとめも充実。

*当サイトに掲載されている全ては、著作権法によって保護されています。詳しくは当サイトの著作権についてをご一読ください。

摂理の概要

摂理はどのような宗教なのか?
摂理の概要はこちら

LINE

Blog更新情報お送りします!登録お気軽に!(^^♪
摂理の猫カフェLINE@

Taiwan Woman Soccer