猛暑の現場調査

May 24th, 2014 
連日、カラチは真夏日和です。
昨日は、カラチから北へ200kmにある土漠で現地調査をしました。
目的は送電線の確認。
午後2時の気温が45℃。
日差しは強く、ヨナのとおごまの木にでもすがりたい気持ちというのが分かった気がします。
R0019749.jpg
サングラスに防止、日焼け止めもばっちりで臨みましたが、上からは太陽、下からは熱風。。
おそらく2kmくらいしか歩いてないですが、自律神経がおかしくなったのか、くらくらしていました。
草も乾ききっている感じで、ヤギの放牧をしている遊牧民もいましたが、地球は広いなあと感じました。
R0019736.jpg
改めて、日本に生まれたことに感謝します。
祈って下さっている皆様、感謝します。
アンニョーン

投稿者プロフィール

ヒロシ
ヒロシ
私が神様を信じるようになった大学生の頃から、神様が作られた世界を見たいという夢を持っていました。

30歳になったとき、妻を通して海外調査をする部長さんに出会い、転職するようになりました。

実際、警備員の随行なくして外出できない危険な国にも数多く行きましたが、神様は、様々な価値観、文化、宗教、風習などを持つ人々と会わせて下さり、客観的に「日本」の姿を見る機会が与えられました。
PAGE TOP