[連載小説]指先に宿るは①

 ***

 美しい、と問われて思い浮かぶ姿は、いつも師匠が舞う姿だった。

 師匠の舞は、見る者の瞳を縛り、見る者の呼吸を奪い、見る者の心を掴んで離さない。

 師匠が舞っている空間は、全て師匠の独壇場と化す。

 それは、その場にいる誰もが、師匠の舞は唯一無二で美しいと本能で悟っているからだ。きっと師匠の舞を見た人は、この世の舞とは一線を画すものだと認めることだろう。

 俺もそうだ。師匠の舞は、師匠にしか表現できない芸術だと心の中で分かっていた。

 師匠のように舞うことは一生かかっても叶わない――。

 幼心に分かっていながらも、気付いた時には俺は師匠の背中を追っていた。理想を消すことなんて、高校を卒業したばかりの青臭かった俺には到底出来なかった。

 師匠が指南する個人流派に所属するようになり、師匠の舞を盗むようにがむしゃらに真似た。憧れだった。師匠の言うことは全て受け入れ、一つ一つ俺の挙動に落とし込んだ。荒かった俺の動きも少しずつ師匠のように繊細になっていく。たった少しの成長が、俺にとっての何よりの喜びだった。

 しかし、次第に現実が俺を襲う。

 どんなに頑張っても俺と師匠とでは立つステージの次元が異なることを、嫌というほど叩きつけられた。俺と師匠の年齢差は祖父と孫のように離れているのだが、たとえ師匠と同じ年齢に至っても、同等に動けるようになっているとは思えない。いや、絶対に無理だろう。

 子供のように純粋だった心も、一度疑いの目を向けてしまえば、大人のような冷徹な心へと変わる。

 自分の限界を悟ってしまった俺は、いつしか師匠の舞を目指すことを止め、典型的な面白味のない舞を舞うようになった。

 師匠は寂しそうな顔をして俺のことを見ていたが、俺は気付かないふりをして、自分がやりやすいように舞った。

 いつしか、師匠のような芸術性を俺の舞で表現できなくても、食えるくらいの舞を舞うことが出来るようになっていた。絶賛されるほどの評価を受けなくとも、後ろの方で舞い、師匠が舞う舞台を堅実的に支えた。

 そして、個性を押し殺して、場に溶け込むような無難な舞をする俺に、別の流派から声が掛かるようになった。

 師匠のそばにいると居心地の悪さを感じるようになっていた俺は、その流派からのオファーに素直に頷いた。

 俺は新しい流派の中で、今まで学んだことを活かしながら堅実な舞を舞った。俺が参加したことによってか分からないが、その流派は少しずつ名を上げるようになり、俺の評価も上がった。

 師匠の舞を追いかけることも少なくなり、俺の心も楽になっていた。

 そこそこな充実感で、順風満帆な生活を送るようになって来た、とある日だった。

 師匠が倒れた、と俺の耳に入って来たのは――。

<――②へ続く>

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる