[小説紹介]10月からの連載タイトルは

岩村亮です。

今回の短編小説は、全5話分で投稿させていただきます。


いつもは全4回で更新しているので、少しだけ長めですね。
書いていた小説が思ったよりも長くなってしまったのと、10月の月曜日が第5週まであるので、今回のような形にしました。


御言葉を聞くと、

どん底の状態から勇気付けられたり、今まで出来なかったことにも挑戦しようと思えたり、

胸が温かくなって何だか涙が出そうになったり、

何もなかった心が満たされるような感覚にもなります。

この前向きになれた想いを、誰かと共有出来たらどれだけ良いのかといつも思っています。

そのための方法として、自分は小説という形を選びました。

自分に出来ることは限られているので、普段と変わらずに、小説を通して想いを伝えていければと思います。

自分が書いた物語によって、どこまで出来るかは分かりませんが、

読んでくださった方の中に、何か少しでもプラスの感情が芽生えてくださったら幸いです。


さてさて、

なんだか硬い文章になってしまったかもしれませんが、

以下は10月に投稿する小説の情報です!

どうぞお楽しみに!

——————————-

タイトル:リフレーミング

あらすじ:ある日下駄箱の中に入っていた手紙を頼りに、空き教室を訪れた甲斐瑛太郎。

教室の中には一つの箱が置いてあり、「それは宝です」という箱を手にするような声が響く。

瑛太郎が中身を確認すると、それは到底宝には思えなくて――?

ありふれたものを宝物として受け入れるための、そして自分自身を見つめ直すための、物語。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次