心情の燃える瞬間 出会いと別れー詩

「心情の燃える瞬間」(副題:出会いと別れ)

夜も昼も
窓の外を見ながら、天を見ながら
千年も心をハラハラさせ
待っていた主よ。

ああ、やきもき待っていたあの時より
もっとやきもきし、気持ちが沈む瞬間だ。

主と別れるから
主を見送らなければならないこの瞬間、
主を待っていた時のその心よりも
もっと苦しくつらいものです。

あの天の主はこんなに長く長く待っていて
こんなに短く迎え
またこの様に見送るべきでしょうか。

行ったらまた来るとおっしゃる
主の最後のその一言だけが
ただ私の希望であり、
やきもきするこの心を
水をまいて消してくれるのみです。

さようなら。

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

投稿者プロフィール

RIO
RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP