神様の前で「最高の待遇」を受けるには

水を飲んで「変化」して、鍾乳石になり、野菜になり、果物になり、穀物になった。神様は本当に不思議に万物を創造なさった。

人間の肉体が考え、行なうとおりに「霊の形体が変化」し、その霊が変化したとおりに「それに該当する霊の世界」に行く。
善の霊の世界、あるいは悪の霊の世界だ。

鍾乳石も、野菜も、果物も、穀物も、動物も「よい方に変化するとおりに」<価値>が生じて、人々に<ものすごい待遇>を受けるようになる。

人間の霊も肉体の考えと行ないに従って「よい方に変化」すれば、<最高の価値をもった霊>になって、神様の前で「最高の待遇」を受けるようになる。

-摂理 キリスト教福音宣教会 鄭明析牧師の箴言より

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

当サイトに掲載されている全ては、著作権法によって保護されています。詳しくは当サイトの著作権についてをご一読ください。

目次
閉じる