個人がうまくできるようにすることに関しての摂理箴言≪22番から36番≫

2020 9/01

昨日の続き!
「100個の箴言作成」
22番から36番までいきます!
また更新できそうだったら、やります!

22:一人で出来る人は自制心がある。
23:個人が出来てこそ、全体が安定する。
24:個人で出来るように育てなければ、結局その人は滅んでしまう。
25:個人で出来るように育てからこそ、極的な環境や状況でも生き抜き、「奇跡を起こした」と呼ばれるようになる。
26:個人で判断し、出来ないと命を失う
27:幼いからと言って教えないまま育てると、いつまでたっても一人では出来ない
28:一人で出来るようになると、自分自身が喜びに満ちる
29:一人で出来るようになると、神様、聖霊様、御子、御子分体が喜ぶし甲斐がある
30:一人で出来るようになった日は記念すべき日だ
31:個人で行うことができる人ほど、かっこいい人はいない。
32:一人で出来る英雄は、批判も誤解も艱難も苦難も全て突き抜けて、雲の上を悠々と飛ぶ鷲に似ている
33:個人で行える人は、環境状況、時間や場所さえも全て超越して生きている
34:歴史は個人から始まる。既に過ぎ去った歴史達がそれを証明している。
35:多くの群集の力より、隣にいる一人の力がそれを上回る。
一人の力がそれだけ大きいということであり、影響を与えるということだ。
36:個人は個人から産まれる。大多数の人が産んだのではない。
あなたの母親という個人が最後はあなたを産んだのだ。
母親という個人が最後まであなたを産むことを諦めなかったから、あなたは産まれた。
あなたは覚えては無いだろうけれども、産まれるその瞬間、あなた自身もフルパワーで頑張ったのだ。
そうでなければ、あなたは産まれなかった。
それと同じように、神様はあなた一人を諦めなかったし今も諦めていない。
最後はあなたが諦めるのか、諦めないのか。
あなた一人がやることだけが、この最後の歴史に残っている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次