花咲く主日礼拝 ただ神様の御心の通りに

今日は、主日礼拝でたくさんの喜びがありました★
初めて参加される方々がいらっしゃり、その挨拶の言葉を聞いてると
こっちが恵みと力を受けるしかなかったです!
ほんとに神様は人を通して働くとおっしゃられますが、まさにその通りですね!!
子供が生まれると、家の中の雰囲気や親戚の雰囲気?!まで変わるように
教会に新たに参加される方がいると、雰囲気がすごく明るくなります(^^)
きっと神様が喜んでいらっしゃる証拠でしょうね。
さて今日の摂理の主日礼拝では
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<御心>とは「神様と聖霊様と御子主の心と考え」を<御心>と言い、「神様と聖霊様と御子主が計画なさったこと」を<御心>と言います。  

 

人々は「御心」が分からなくてみんな探し回ります。
「どのように生きようか?どのように行なおうか?」と悩んで生きています。

「御心」は「人生の道」です。

 

「ただ全能者の御心どおりに行なうこと!」これを<哲学>にして生きなければなりません。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

とありました。
日本的に言うと天命とでも言うでしょうか。
神様が何を望んでいて、どんな御心があるのか。
それを成そうとするときに、神様が本当に力を貸してくださるし
自分自身も考えられないくらいのパワーが出てきます。
人は誰かの為と思って生きた時に、創造を絶するパワーが出ます。
これは誰もが一度は経験があったことだとおもいます。
自分の人生をそのまま生きるだけでも素敵かもしれませんが
誰かの思いを成し遂げようとしたとき
その誰かが神様だったとき
神様の思いを成し遂げようとしたとき
結局は自分自身に力が湧き出ます。
そこまで力が出るとき、いとも簡単に自分の夢もかなってしまいます。
私の人生が、神様の願いを成して差し上げられる人生になりますように。
 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

当サイトに掲載されている全ては、著作権法によって保護されています。詳しくは当サイトの著作権についてをご一読ください。

目次
閉じる